趣味人 はやちゃんの日記

趣味のハンドメイドルアー・そしてルアーフィッシングに始まり。バイクに車に多趣味な日常をつづっています。

どっちがお金がかかるんだろう~?

シーズンに入るとほとんどルアーフィッシングだけの記事になってしまいます
もっとも山形の場合は雪が降り始めると釣り場に入ることさえも出来なくなる所がたくさん!!
無理して釣り場へと足を延ばしても・・・・・
完全防備で臨んでも竿も出さずに帰る事を余儀なくされる事も有ります!

春先のサクラマス釣りなんかは辛いですよ~
赤川のサクラマスを求めて全国から春先に山形へと遠征してくる方も多いので、その辛さを知っている方も多いと思います!!
そのうちでもサクラマスのルアーフィッシングは「釣れない・寒い・凍ってしまいライントラブル続出」
もう半端ではないです(笑)

今年ももう少しでシーズンオフです・・・

先日に書いた記事のコメントに自分がよくお邪魔し、リンクも結んでもらっている
「娘に伝えたいレシピ☆2」の幸さんから

「生餌を買うよりは安いですよね(^^)
妹の旦那が鮎釣りをするのですが
餌代が・・・」


と言ったコメントを貰いました
そのコメントに返信をしようと考え始めた時に
「実際どっちがお金がかからないかな?」
ふとそんな疑問が・・・・!!

幸さんのブログは

↓↓

「娘に伝えたいレシピ☆2」


自分もいろいろな釣りをしてきました!
うん?・・・・今でもでした(笑)

それで餌釣りにお金がかかる事は知っています!
そのうち 鮎は友鮎を最初に購入
直ぐに釣れれば良いけれど 釣れなければ再度購入ですしね!

それと以前は黒鯛釣りにもハマっていた時期があります。
それだと巻き餌(寄せ餌)に更に食わせ餌と購入
ある程度思うように釣れる以前は、寄せ餌が少ないからと思い込み大量に購入・・・

一回の釣行に餌代だけで一万円とか・・・
そんなにお金をかけて、釣れたのが黒鯛が一枚に外道が数匹とか
「一体いくらの黒鯛なんだ~」みたいなね(笑)

これ、おまけに内陸ど真ん中の我が家です!!
海に出て帰るだけでガソリン代が・・・・

まあ黒鯛一匹が数万円です(笑)
更に磯釣りなんていったら餌代だけでまだまだ金額が飛び跳ねます!!

それで他人にルアーフィッシングを勧める時に
「ルアーフィッシングってお金がかからないよ!」
よく自分が言います!!

ルアーフィッシングって 車の中にロッドとリール それとルアーを入れておけば何処でも気軽に釣りをする事が出来るんですから^^

しかし・・・・
「ちょっと、まてよ・・・・!」
ルアーアングラー達から声が聞こえてきそうです・・(笑)


何故って、ロッドにリールそしてルアーが一個だけ有れば釣りはできます!!
しかし、「確かに釣りはできるけれど、それで魚が釣れるか?」

答えは ノー です。

運がよければ釣れる事も有ると思います!
しかし毎回、コンスタントに釣れるかと言うととても無理!

自分クラスのルアーフィッシング歴を持つアングラーなら,ルアーフィッシングはそんなにお金がかからない釣りです!!
何故かと言えば 長いルアーフィッシング歴で買い溜めたルアーがたくさん有るからです。
けれど、ルアーフィッシングを始めたばかりのアングラーならば・・・・

かなり高価な釣りかもしれません!

ルアーフィッシングを始めたばかりの頃って,とにかくルアーをロストします!
原因は

その場所に合わないルアーを使っている為の根掛かり
更に、根がからないように扱えるルアーでも経験不足から根がからせてしまう。
早い話、それだけの腕がないと・・・・
それから、キャスト自体も未熟な為に コントロールミスでとんでもない所にキャストしてロスト
キャスト時に力みすぎて、ラインブレーク!!
そしてルアーが彼方へと飛んで行き、回収不能!
まあ何処に飛んでいったかも分からないなんてのが普通ですけどね(笑)


そんなこんなで自分がルアーフィッシングを始めた頃に
「今日は○千円分ロストしたよ~」
 (ーー;)

と友達とこんな会話を交わしたことが何度あったか・・・
 (ーー;)
当時のルアーの値段って現在とそんなに変わっていませんから
現在の価値にしたら数万円以上失って魚は一匹も釣れないそんな感じです!


それもルアーフィッシングの経験を積むと共に、ルアーのロストはかなり少なくなります!
それでもルアーを紛失する事がなくなるわけではありません!

障害物にほとんどの魚が付くわけですから、障害物の中を通さなければ釣れないのがルアーフィッシング!
どんなルアーマンもルアーのロストをします

その時のルアー もしかしたら 一個数万円なんてかなり高価なものかもしれません!

自分程度の経験があるとルアーのロストは先にも書いたとおりかなり少ないです!

しかしここからは一回の釣行にどれだけお金がかかるかとなると
断然に餌釣りの方がかかるでしょうね!

では、一回の釣行にどれだけの値段の釣り道具を持参するか・・・
これは自分の場合です

普通にオカッパリでのブラックバスフィッシングがメインなのでそれで考えると

自分は普通の方より、持ち込むハードルアーの本数は多い方だと思います!
それでもなるべく身軽にしたいので 20~30本ぐらいですかね
間をとって25本としても、3~4万円分のハードルアーの他に1万円分ぐらいのソフトルアーがバッグには入ってます。
更に、釣り場についてからバッグの中のルアーだけでは対処できない事もあり現場で交換できるようにと車の中には更に倍以上のルアーが入っていますね!

それとロッド&リール類・・・
他の釣りでも高価なロッドを持っている方がたくさんいます
しかしルアーフィッシングの特異性から 最低でも2本のロッドが必要ですかね

それが、ロッド&リールの組み合わせで一式10万円ぐらいそれが数本!!
オカッパリのブラックバスフィッシングでさえ○十万円分の釣り道具を持ち込んでいるんですよね~!!

それがオカッパリならです・・・
これが山形からだと桧原湖や八郎潟へと遠征に行きます
当然ボートが多いですから、この場合はルアーを入れるタックルケースと手に持つ必要がないので更に多くのバスロッド&リール・・・・

多分ですが、一回の釣行にもって行く釣り道具は100万円はくだらないかもしれませんね!
しかし、それではその釣りにいくら掛かっているかというと・・・・

ルアーのロストがなければ、金額的には全然損失がありません!!

それでまた、幸さんのコメントです

「生餌を買うよりは安いですよね(^^)
妹の旦那が鮎釣りをするのですが
餌代が・・・」


どっちの釣りの方がお金が掛かるか?
答えは・・・・・

「分かりません・・・・」
  
 (^_^;)


お金を使う所が違うものだから比べられないんですよ~~!
まあ釣りは、「どんな釣りでも結構お金がかかる」ですかね(笑)

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

Gremz ⇒ カーボンオフセット

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://syumibito128.blog.fc2.com/tb.php/87-75768bef