趣味人 はやちゃんの日記

趣味のハンドメイドルアー・そしてルアーフィッシングに始まり。バイクに車に多趣味な日常をつづっています。

ミノーの操作

以前からブラックバスやルアーフィッシングでの検索が凄く多い当ブログです
その中でもハードルアーの操作で検索して訪ねてこられる方が多いです。

最近の方たちはソフトベイトから入られる方が多いようですし、そのての類の雑誌や書籍でもルアーフィッシングにおいては比較的安価なソフトベイトを奨める事が多いようです
ハードルアーの扱いが難しいと感じるのは当然なのかもしれません!

先日、前川ダム(山形県上山市)でお会いした方も
「ミノーの扱い方が分からない?」 と話していました

ミノーに関しては何度か操作の仕方を書いてきましたが、検索してこられる方の検索フレーズを見ると 自分が書いた内容よりも、もっともっと初歩的なことが分からないのかな?
そう思えてきました!

ミノーを扱うテクニックやミノー自体の特性などではない
初歩的なミノーの操作法・・・wwww
操作法と言うほどでもなく使い方ですか^^

テクニック等もあわせて書いちゃうと長くなるので、それはまたの機会に
ある程度のテクニックやミノーの性質等は以前の記事でも書いていますのでそれでも読んでみてください

ハードルアーにおいて ミノーとは一番に種類が多いと思います
重さで言えばフローテイングミノー・サスペンドミノー・シンキングミノー
形ではリップの短いショートビルミノーにロングビルミノー

同じ形としか思えないミノーなのに曳いてみればルアーアクションに違いがあります
ローリングアクションと呼ばれるミノーにウォブリングアクションのミノー
最近は更にウォブル・ロールアクションとよばれる両方のアクションを併せ持つミノーも数多くでてきました!

それと一瞬止めたときのミノーの姿勢が 頭下がりになるもの 平行のままでいるもの 尻下がりになるもの


これらのいろんな特徴の組み合わせで種類だけでも数多くのミノーが存在する事が分かると思います。

これに合わせ 更にサイズや色が加わり それで且つ ミノーのボディーを作る素材もいろんな種類の木材 合成樹脂 プラスチック等々 同じ形のミノーでも素材により性質が別物になります。
同じルアーでも ルアーの素材がウッド製の物と合成樹脂製の物の両方を出しているルアーも結構有ります

じゃあ、初めてミノーを選ぶときはどれを選べば・・・・
と当然悩んじゃいますよね(笑)

これは基本的には気に入ったルアーを買う!

自分の場合は魚が釣れる事も楽しいですけれど、ルアーを操作するのが楽しいんです
なので、いくら釣れるルアーと言われても気に入らなければ、操作していても楽しくないでしょう〜

そして気に入ったミノーが見つかったら

それをキャストするタックルですが小さいミノーや軽量のミノーならスピニングタックル
大きいミノーや重量のあるミノーならベイトタックルです。
ラインはロッドにあったラインを選ぶのが一番ですが
ラインが細ければ細い程 ミノーのアクションがよくなりさらに潜行深度も深くなります
だからと言って細くしろと言うのでは有りません
ハードルアーは意外な大物がヒットする事も多々有ります
そんな時に渓流で使うような細いラインなんかだとファイトする間もなくラインブレークしちゃいます

だからと言ってラインが太ければ良いかと言うと、ラインが太すぎるとミノーの持つアクションが殺される場合も有ります

使っているロッドやリール、そしてルアーの三つがバランスよく機能して安心して魚とのやりとりが出来る太さのラインを選ぶのがよいでしょう〜^^
最近ではPEラインが細くて丈夫なので ミノー用のロッドにはPEラインを巻く事が自分は多いです!
しかしこれもサスペンドミノーを使う場合 PEラインでは浮力が大きいので、その場合はフロロカーボンラインを使用します。
(季節的には晩秋から初春にかけてはサスペンドミノーの全盛期なので、この時季はほとんどフロロライン使用です)

タックルも決まりラインも決まりました^^
今度はキャストです。
キャストについては、書くことはあまり有りませんが
出来る限りルアーの着水音は小さくです。

魚が気にしないどころか、逆に興味をひく着水音
着水音にビックリして、そのエリア全ての魚を一回のキャストだけで大きなプレッシャーを与えてしまう着水音なんてのも有りますから、ルアーが水面に落ちる瞬間に気を配れるなら釣果も間違いなくアップします。

そしてミノーが着水

多分ここからが 「分からない?」 そうなんだと思います
でも、ミノーに限らずハードルアーは着水したら巻く

これだけでも釣れるんですよ!
俗に言うただ巻きです(笑)
意外にもただ巻きが一番いいときも有りますし、トゥイッチしたりジャークしたりするのは魚に余計なプレッシャーを与える事にもなりかねません。
(トゥイッチやジャークについては以前の記事で書いたと思いますが 分からないようならコメントやメールでももらえれば・・)

とりあえずはただ巻きで曳いてみてください!
ルアーをひくスピードは 余計な事を考えずに体に刻まれているスピードで巻いてください
そして余裕が出てきたら巻くスピードを速めたり遅くしたりしてミノーの動きを調べてみてください

そのミノーが持つもっとも良いアクションをするスピードが見つかると思います。
け・れ・ど・・・
そのもっとも良いアクションをするスピードが釣れるスピードではないんですよ!
その日の魚がどのスピードに反応するか、これを探すのもミノーフィッシングの面白みです^^

フィールドに立ちミノーをキャストしました
最初はロッドアクションは加えずただリーリングしてください
反応がなければ、リーリングするスピードを早くしたり遅くしたりして魚が反応するスピードを探してください 

それでも駄目な時
トゥイッチを交えたり 時おりルアーを停める ストップ&ゴー さらにはジャークといったミノーテクニックを始めて使用する こんな感じです^^

何度もミノーを使用しているうちに 自分なりのミノーの使い方がきっと見つかると思いますよ!

「タックルケース」

ミノーの引き出し
ミノーの引き出し posted by (C)はやちゃん

参考までに、もし潜行深度の違うミノーやアクションの違うミノーを持っているのなら
深さの違うところで同じ事を試したり 同じミノーでもカラーを変えるだけでもガラリと反応が変わることもあるのであ試し有れ^^

春先のこの時季は サスペンドミノーが有効です 使い方はストップ&ゴーで 以前に書いたポンプリトリーブ法を参考にして見てください^^ グリムス ⇒  オゾン層破壊

Comment

シャア says... ""
こんばんは。先日はどうもでした♪
昨日今日と前川行って来ました。
湖面の氷はは全て融けて、かなりの人で賑わってましたが、強風と低水温で全くダメでした。
ハード、ソフト、カバー打ちと色々やりましたが反応無しです。もちろんサスペンドミノーも投入しましたが。
やっぱりミノーの使いどころというか、「いつ」「どこで」「どんな状態の魚を」といった漠然としたイメージが、他のハードルアーよりピンと来ない感じです。修業が必要ですね。
2日間坊主は嫌だったので、沼の辺で小バッチいじめして帰ってきましたw
来週末にはポロポロ釣れ始めてくるのかな?と思いますので、お会いしましたらまたよろしくお願いします。
2012.04.08 22:29 | URL | #79D/WHSg [edit]
はやちゃん says... ""
> シャアさんへ
訪問ありがとうございます^^
前川も氷が解けましたか!!
ヘラ釣りの方から情報は聞いていて日曜日は混むらしいと聞いていました!
残念ながら用事や仕事で行くことが出来ずにいました!!
ミノーの使いどころですか!
時季的には今頃(一般的にです)
場所的にはシャローに繋がるブレークですかね!
上手くいけば産卵前のメスのデカいやつがブレークについていることが多々有ります!
産卵前の荒食いで、マッチ・ザ・ベイトがポイントです!
後はビッグベイトも捨てがたい時季らしいです!
らしいと言うのは自分がいい思いをした事がないので(笑)
2012.04.10 17:39 | URL | #79D/WHSg [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://syumibito128.blog.fc2.com/tb.php/701-76c7e0d6