趣味人 はやちゃんの日記

趣味のハンドメイドルアー・そしてルアーフィッシングに始まり。バイクに車に多趣味な日常をつづっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

根曲竹もそろそろ、おしまいかな〜

休みだったので朝、早くに山へと山菜採りに出かけてきました! 平日なのでのんびりと思い 林道に入ってみると意外に車の多い事? 偶然見つけたエビネ 乱獲にて今となっては自然では余り見られなくなった日本固有の自生ランです。 エビネ.JPG 笹薮に入りすぐに旬は過ぎたなと感じたものの 竹の子ご飯が作れるほどは欲しいなと思い、二時間ほど竹の子を採りました。 ん〜十年と通った山なのですが、ここ十年程おかしいと言うか変なんです。  初めてその、隈笹の笹薮を見たのは中学生ぐらいの時でした。 道路(砂利道の林道)を挟み片側が巨木となったブナや白樺 木の幹には、熊の縄張りを示す 爪後を見て 内心怖かったけれど、一緒に行った友人達の手前 怖いとは言えなかったのを覚えています。  まあ、友人達も内心は一緒だったと思うけど(笑い) それで、反対側が山の尾根までと続く 一面 深緑の笹薮でした。 隈笹は低くても背丈が一メータ以上 高いと2メーターは越えるという、笹と言うより 竹の小さい奴といった感じなのです。 なれない人が一人で入ったりしたら遭難を覚悟してください。 山ブドウ 熟す頃が楽しみです。 山ブドウ.JPG ところが、一面が笹だった笹薮が・・・・その笹薮の範囲が明らかに狭くなってきて広葉樹が入り込んできています。  知らない人は、自然なんだからと思うかもしれませんが、反対側の広葉樹の森と笹薮側では山の斜面の向きが全く逆です。  笹薮側には冷たい風がいつも吹き付けていて、真夏でも、上着を装備しないと行けないような高度にあるのですが?  暖かいんです。 必ず7月頃まで残っていた沢の雪は、何処にも見つからず・・・  少し下の方に生えていた山ブドウなんかが生い茂っています。 誰かは忘れたけど、高い山に登るほど温暖化は顕著に分かると言ってましたが、世界の名だたる山に入らずとも 国内のちょっと有名な山に登れば すぐにも温暖化の影響が感じられる範囲に入ったのかも知れません。 ↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://syumibito128.blog.fc2.com/tb.php/688-478667c1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。