趣味人 はやちゃんの日記

趣味のハンドメイドルアー・そしてルアーフィッシングに始まり。バイクに車に多趣味な日常をつづっています。

ディープ・サスペンドミノーのポンプ・リトリーブ

秋も深まり冬の気配がそこかしこと漂う12月!
昨今の地球温暖化で山形といえど12月になってもなんとなく暖かい日が・・・・??

しかし、魚たちはと言うと・・・・・
これもまた釣り人にとっては難しい季節の始まりです(笑)

以前にも書いたけれど淡水湖の魚たちは小さい魚から越冬に入ります。
ブラックバスを狙う自分にとっても、鯉などを狙う釣り師にとっても

この季節の魚は釣るのが難しいけれど、釣れたらデカい
そんな季節です!

小さな魚たちが越冬の為にほとんど動きを止めてしまったこの時季
大きな魚たちはと言うと、体力の有る大きな魚たちはちょっと行動パターンが違うようです!
しかし冷水の為に他の季節のような動きが出来るわけでもなし!

特に温帯性の魚であるブラックバスは冷水は苦手
けれど餌を食べないと体力は維持できない

そんな状況にあることは容易に推察できると思います!
餌は食べるが、緩やかな動きでも捕らえられる餌を摂っている
そんな状態でしょうか!!

自分ががブラックバスフィッシングを始めた頃にはこの状態にあるブラックバスを釣る方法としては
ラバージグやテキサスリグでのボトム付近を丁寧に探るやり方でした

しかし今ではディープダイビング・クランクベイトやデープダイビング・ミノーといった優れたルアーが有ります!
最近では冬場にディープダイバーを使うのが一般的になったようです。

そこでちょうど今頃から自分が頻繁に使うルアーが

「ディープダイビング・サスペンド・ミノー」

D・D ミノー.JPG

上からラッキークラフトのステイシー90 2番目が
ステイシー90SP Ver.2そしてスピニングタックルでも使える小型のステイシー70と最後にミノーではありませんがこれも同じような使い方をする事が多いので ベビーシャッドです。

いずれもサスペンド・ミノーです。
サスペンド・ミノーとは名前の通り「一時停止するミノー」
水中でリーリングを止めた時に、浮きもせず沈みもしない まさにそこに一時停止した状態になるミノーです。

サスペンドルアーは一部のバイブレーションプラグにあるだけでほとんどはミノーやシャッドプラグだけの機能ですかね!

しかしご存知のように水の比重は温度で変わりますので、本当にサスペンドさせるのは難しい事です
一部のアングラーはスプリットリングやフックを変えることでその都度サスペンドの状態を作り出す、細やかなアングラーおるようですが自分はそこまでのこだわりはないかな~(笑)

最近の自分の記事を読んでもらえれば、分かると思いますが使用しているルアー(デープダイビング・サスペンド・ルアー)は「MegabassのLive-X REVENGE」「BassdayのSUGAR DEEP」の使用が多いです。

アクションで言えばLive-X REVENGEがロールアクションでSUGAR DEEPがウォブリングアクション!
形はそっくりですが泳ぎ方が全然違うんです!

しかし今からの冷水域でのポンプリトリーブの時に使うルアーを選ぶ上で大切な事
それは止めた時に、前傾姿勢でサスペンドする事

これを目安にディープサスペンド・ミノーを選ぶと良いでしょう。
写真にあるラッキークラフトのルアーは扱いやすいディープダイビング・サスペンド・ミノーなのでお奨めです^^

前置きが長くなっちゃったけど ポンプリトリーブのやり方です

最初にルアーをキャストしたらロッドを下げたままリールをすばやく巻きます。
そしてそのルアーの持つ潜行深度に達したら(通常は6~7回もリールを巻けば充分だと思います)リーリングを辞めます。
そして10秒ほどステイ

1.ゆっくりとロッドを水面と水平程度まで立て3秒ほどステイ
2.更に45度ぐらいまでゆっくりとロッドを立て3秒ほどステイ
3.水中のルアーを動かさないようにロッドが水面と水平になるぐらいまでラインを巻き取る

この2.と3.の動作を繰り返すのがポンプリトリーブです。


自分は横にロッドをひきますが、この2.~3.が基本動作です! 
慣れないうちはロッドを横に操作すると根掛かりが多いので最初は基本動作から始めたほうが無難ですかね^^

この時季のブラックバスのアタリはかなり小さくて(ショートバイト)神経をロッドやラインに集中していないと分からないぐらいです。
なので少しでも違和感を感じたらいつでもアワセられるようにロッドの角度に気を付けなければいけません
(それで、ロッドの角度を45度以上に立てないほうが無難です)
この時季にヒットしたバスはほとんどがティールフックにかかってきます。
これがベリーのフックにかかっているようだと、ポンプリトリーブだけではなくトゥイッチを入れたりして誘っても良いでしょう~
(ティールフック外にかかるような時は活性が上がっていると見て良いと思います)

最後にこの時季で一番重要なことは
自分が立っているフィールドが 
秋を引きずっているのか?
それとも冬なのか?

これを見極めないとむやみにディープダイビング・サスペンド・ミノーによるポンプリトリーブをいきなり始めても釣れないだけではなく時間の無駄かも(笑)

基本、ポンプリトリーブは冬から春先にかけての釣り方と思ってもらった方が良いでしょう

アタリがラインにフッと出るだけ何てこともかなり多い釣り方ですから、ポンプリトリーブそのものよりアタリを覚える方が難しかったと言うのが記憶に有りますのでようは集中ですかね(笑)

今では廃盤となってロストが怖くて使えなくなったステイシー90SPのVer.1(写真の一番上)
たくさんのビッグバスを釣上げてくれたんですけどね~

誰かくれないかな~~~~!!(本音(笑))

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://syumibito128.blog.fc2.com/tb.php/61-56e487ed