趣味人 はやちゃんの日記

趣味のハンドメイドルアー・そしてルアーフィッシングに始まり。バイクに車に多趣味な日常をつづっています。

7月4日 花森湖

7月4日・・・ハッキリ言って嫌いな日 思い出したくないことが思い出され、自分にとってはちょっとトラウマの残る嫌な日かな それはさておき 7月に入って最初の平日に当たる休日が前回の記事の日です 平日で大雨後と言うのに多くの人がいたんです そして7月4日 再度平日の休日!! 数日前の記事に書いたとおり メチャクチャな勤務日程です。 当然に行ってきましたよ バスフィッシング それも前回に超満水だった花森湖!! 前川ダムは大雨の前から満水で水の減る気配のほとんどないところへあの大雨 一方、花森湖は結構早いスピードで水が減りつつあった事を確認していましたから、先に水位が下がるのは 花森湖だと思っていました! 「7月4日 花森湖」(山形県上山市) 花森湖 減水後 .JPG これは前回の記事の写真と見比べてもらえればわかりますが 前回よりかなりの減水 写真のゴロタ石のある所から前回は多くのブラックバスを釣っています それで今回も、ここから攻めることに タックルはかなり迷ったのですが 「7月4日 花森湖でのバスタックル」 7月4日のタックル.JPG 前回からの稚魚を食べているパターン攻略で ロッドは四本 オカッパリでは多いです だいぶ迷ってのロッドチョイスです。 いつもよりスピニングロッドを一本多く持っています 日が登ってからの稚魚だけを食べている バスの攻略ようです^^ 朝一の一投目は 写真に写っているブッシュの際へ ハンドメイドのペンシルベイトです そして二投目 更にブッシュの奥へとキャスト!! トップウォータールアーの落としどころにピタッっと入りました これはトップウォータールアーのセオリーどおりのアクションが有効 波紋が消えるのを待ちワンアクション(ドッグウォーク) ・・・・・出ません 「ナイスキャストにバイトなし!!」 頭をかすめるこの言葉(笑) ワンアクションでアタリの無かったルアーをいつもの如くドッグウォーク と次の瞬間      「 GO BO・・・・  」 「 40センチ ジャスト」 ジャスト 40センチ.JPG  最近トップウォーターでの釣りでばらしまくっていたので 重みがかかるのをゆっくりと待ち 重みがかかってから丁寧にあわせました!! トップウォーターでバスが出たときのあわせ方です 水面にバスが飛び出すと反射的にあわせてしまうんですよね〜〜! それだと、九割がたのBassは針にかかってはくれません そこでトップウォーターでの釣りは 必ずロッドにバスの重みがかかってからゆっくりとあわせる! これが大事です!! わかってはいるのだけど、何か違う事を考えながらルアーを操っていると 不意に水面に出てきたバスに対処できなくて 何度逃がした事か・・・(ーー;) トップウォータールアーを操る時は、水面で釣りをしている事を心がけないと痛い目にあいます(笑) トップウォータールアーに出てきたのに、乗らないときも結構あります! 見ていると、この時点で ルアーを早巻きして戻していしまう方がいます しかし、トップに出たときには慌てずに そのまま「ドッグウォーク」 一度で乗らなくとも 2度目、3度目でのる事もよく有ります! ボイルを見つけたときだとしたら!! そこへキャストするでしょ〜^^ 一度目のバイトがボイルとすると しかし、この場合ルアーはそこに有るのですから! 絶好のチャンスだと言う事は想像できるのでは^^ と長くなりましたが二投目で40センチをキャッチです^^ その後も数匹を釣るも陽が登るに釣れバイトが止まります そこで、用意したスピニングタックルの出番です 前回に3インチのシャッドにだけは何とか釣れました (プラッガーとしては不本意だけど・・・) そこで、ちょっと試したい事がありました! それは2インチシャッドの超デッドスローでのタダ引き・・・・ 稚魚だけは食べているので、マッチザベイトです(笑) 結果は大当たり 30〜40センチクラスが面白いようにアタック! けれど、問題が・・・・ これは〜〜〜.JPG 超の付くスモールルアーの使用です・・・ このサイズのブラックバスが20〜30匹は釣ったでしょうか   (ーー;) 小バスどころか子バスです・・・ ちょっと味を占め、前川ダム(山形県上山市)でもこのタックルを使ってみました!! 結果は後ほどの記事で(笑) しかし何とかこれをハードルアーで再現できないかな〜〜 デッドスローで引けるハードルアー・・・ 作ってみるか〜〜^^ ↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い Gremz ⇒ エコバッグ

Comment

釣るべー says... ""
ルアーのトップの釣りも、
フライフィッシングのドライフライの釣りも
同じですね。
特にシケーダーの釣りは出かたがど派手なので、
どうしてもビックリ合わせになってしまって
ロッドにテンションを感じません!
完全に早合わせになってしまっているんですね。。
かえって気が抜けたときのほうが、
ロッドにテンションを感じます(6 ̄  ̄)ポリポリ
釣るベー(o^-')b_o/━━━━>゚)))≫彡 ~ ~ ~
 Re 釣るべーさんへ
水面にでてくる時はフライも同じなんですね^^
特にデカイ奴は見えちゃうとダメです(笑)
そしてデカイ奴ほど以外な出方をするので、なんか考えている時に ドカーーン!!!
後の祭りですね  (ーー;)
2011.07.06 16:55 | URL | #79D/WHSg [edit]
mana says... ""
はやちゃんさん こんにちは♪
あら・・・トラウマな日なんですか?
4本の竿を使うんですね〜
すごいな〜
・・・で
そのバスとやらは 食べるのですか?^^;

 Re manaさんへ
ボートを出した時などは、釣竿が最低でも六本はもって行きますよ(笑)
それとブラックバスはいろいろと言われていますが本来は食用として輸入された魚です。
ましてスズキ科ですから美味しいらしいです・・・
川魚・・・ダメなんですよ
と言うか釣った魚はほとんど食べません 逃がしてやるのが9割以上ですかね!
イカは好きなので アオリイカは全部 スズキはその時によって持ち帰り食べますよ!
 By はやちゃん
2011.07.06 18:53 | URL | #79D/WHSg [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://syumibito128.blog.fc2.com/tb.php/603-f6db7a61