趣味人 はやちゃんの日記

趣味のハンドメイドルアー・そしてルアーフィッシングに始まり。バイクに車に多趣味な日常をつづっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花森湖にて 爆釣

日曜日! 
例によって朝一で山形県上山市の前川ダムへと向かいました^^
ちょっとだけ色づき始めた蔵王の山並みが奇麗に映えます
前川ダムに着き、今朝はダムサイトの南側にあるシャローエリア(熊野ワンド)に入ろうと車を進めました!
前方に走るRV車に貼ってあるステッカー

嫌な予感がよぎりました・・・
「NBC」のステッカーです    (ーー;)

「予感的中」

NBCのステッカーを貼った車がずらり・・・
春と秋 年に二回 NBCのチャプタートーナメントを前川ダムで開催するんです!

Bassトーナメントそのものは嫌いでもないんですよ!

「はやちゃん、BASSトーナメントに出たらいいところまで行くんでない!」
と何度か言われた事もあります。
しかし、

BASSトーナメンターが嫌いなんです

    (ーー;)


以前にも書いた事があるかもしれません
自分たちがトーナメントの最中だからとでも思っているのか、平気で人の釣りの邪魔をするトーナメンターが余りにも多くて嫌なんです。
ハードルアーをキャストしているのに、すぐ隣に立ちライトリグ

「アホか~~~!

          自分のこのルアーは何処に投げるんだ~~」


第一フルキャストしている隣に立たれたら危なくて・・・
チャプタートーナメントが行われる事を知り 前川ダムを早々に引き上げました!
最も一時間ほど釣ってはいたのですが バイトどころかアタリもありませんでした?
水の中から上がってきたルアーがかなり冷たくて 活性が落ちるような水温でもないのですが
「急激な水温の変化で渋くなっているのかな」と言うのが自分の意見です。
このまま釣っていても、トーナメンターがくれば面白くない思いをするのも見えていたので家に帰りました。
帰る途中、実際にヘラブナ釣りの人たちに、「そこで竿を出すなよ!」と言われている一団が
そんなのにかまっているのも嫌なので自分は帰宅です^^

家に帰ったものの、なんとなく物足りなくて・・
「この間、行けなかった 花森湖へ行こう!」

そして花森湖です^^

花森湖.JPG


周りの山の尾根を見てください!
低いでしょ~~ この湖自体がかなり高いところにあることがわかります^^

場所ですか~ ! 
以前にも書きましたが、山形県と言うことだけで秘密です(笑)
アングラーがほんとに少なくて、自分の思うように釣りのできる湖です。
回りの自然も綺麗だし 疲れたら座って「ボケ~~」と景色を眺めるもよし

あまり人に来て欲しくないんですよ^^
到着したら、話しかけてきた同年代の人が

「この間、ここに40センチほどの岩魚がいたので着たのだけど、何処かに行ったのか釣られたのかいなくなっちゃったー」
会話からもわかるように渓流域です。

主なベイトが「アブラハヤ」と思われ 他の湖のようなバスのボイルをほとんど見ることがありません
先に釣っていた二人組みがいたので声をかけると、小さいのが一つだけとの返事に
「渋い釣りになるかな?」と思うも束の間でした^^
スピニングロッドに結んであった、7センチミノーにすぐに一本^^
とりあえずブログ用にと写真を撮ってと  (笑)
 
「花森湖バス ミノーにて」

花森湖バス.JPG 最近は見たことのない綺麗な魚体です

 (^・^)

最初は前川ダムで使っていた、自分としては定番の7センチのフローティングミノーでした。
次々にバイトしてきます^^
花森湖のバスはなぜか力も強いように感じます

何本出したでしょうか?
それも、何年と忘れていたような昔バス釣りを始めた頃のような出方をします^^
ルアーを曳いてきて ルアーが見えてきたのでピックアップしようと思った瞬間に 足元から出てきてルアーを目の前でひったくっていきます!

ルアーを始めた頃には魚種が何であれ足元でヒットする事がよく有ったんですよね~!
最近はそんな経験がないものだから、ルアーが見えたらピックアップする癖が付いていたようです!

ここでは足元まで慎重にです^^

 しばらく入れ食い状態が続きピタッと止まりました!
※ バスの入れ食いなんていつ以来なのか覚えていないぐらいです

ワームに変えようかと一瞬、考えるが 
「とりあえず違うミノーで探ってみよう」

「自作9cm フローティングミノー (ハンクルタイプ)
自作ミノー9cm(F) ハンクルタイプ.JPG

自作のハンドメイドミノーに替えた途端に、また釣れ出しました^^

自作のルアーに釣れるのは嬉しいんですよね~ (^・^)
まして入れ喰いです

この花森湖のバスは魚体がとにかく綺麗です。
冷水域に暮らすためなのか 人にあまりいじめられていないからなのかは分かりません

自分が二十歳ぐらいの時に
「山形にもバスがいる」とはじめて聞き半信半疑で 山形市(山辺町かな?)「畑谷大沼」に釣りに行きました

そして今の自分と同じぐらいの年のおじさん達に

「そんなんで魚が釣れるのか~?」

とルアーを見たことのないおじさん達にからかわれながら釣ったバスが このような綺麗な魚体をしていたような気がします

「綺麗なバス」

綺麗な魚体のBass.JPG

小バスなのですが この魚体を見てください
小バスにありがちなほっそりとした魚体ではありません

しっかりと体高があり親バスと変わりのない魚体
背ビレをピンと張った時に写真を撮ったと思っていたのですが・・・


花森湖のブラックバス達のおかげで久しぶりに良い時をすごすことが出来ました^^

今度また来ようっと^^


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

★Potora★100万人の口コミで楽しく賢くお買物♪Potoraと店舗の

ポイントWで超お得!まずは豪華賞品が当たる無料会員登録へGO!



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://syumibito128.blog.fc2.com/tb.php/283-fa36e58f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。