趣味人 はやちゃんの日記

趣味のハンドメイドルアー・そしてルアーフィッシングに始まり。バイクに車に多趣味な日常をつづっています。

雪下ろし

「子供の頃の山形はもっともっと雪が降ったんだよ」とよく言っている自分ですが、今年は降りますね~~!!

山形県でも比較的に雪の少ない地方の我が家ですが、それでもこの通り

雪の壁.JPG

車庫から落ちた雪で、家の前に塀が出来ました(笑)
車の出し入れにもちょっと不便です・・・・
 (ーー;)
しかし雪国山形です、例年でも雪の多い地方は大変な事になっています
雪害で亡くなった方も時々ニュースで流れますし,怪我をなさった方など結構いるのではとの想像もつきます。
先日も山形県内のニュースで流れましたが、「月山」の登山口になる山形県西川町などは国道の両脇に2メーター以上の雪の壁が出来ているそうです

月山は例年でも道路わきに10メーター近い雪の壁が出来ると言うのに、例年だと1メータも積もらない所で既に2メーター以上・・・
 (ーー;)
月山はどんな事になっているのでしょうか・・・・
サクラマスを釣りに行く時は、月山越えが必須なんですよね~~

それで本題の我が家の雪下ろしです。
住居の方は家の中の暖房の熱とかで、下ろすほどの雪はないのですが、我が家にある八畳ほどの小屋が積もり放題の状態なんです。
まだ雪下ろしをしなくても大丈夫とは思うのですが、正月明けから毎日のように雪が降っていて
下ろせるときに下ろしておいたほうが安心ですので、雪下ろしをしました^^

以前、まだ小さかった息子に冗談で
「屋根に上って来て、手伝え」
と言った所
「高い所は平気なんだけど、ハシゴを登るのが怖いから嫌だ」
と断られ大笑いした事があります

その息子が
「親父、手伝おうか」
と自分から登ってきたので

「屋根の際には行くなよ、それと、あまり綺麗に雪を下ろすなよ」
と注意しました

と言うのは
屋根の際から雪が大きくはみ出ているのが普通です。
案の定、我が家の屋根からも

屋根からはみ出た雪.JPG

写真ではわかりづらかったので、赤線を引いた所です!!
30~40センチははみ出ています、気付かずにここを踏みでもしたら・・・

雪景色の写真はホントにわかりづらいのですが、写真では屋根がそんなに高く見えません
しかし高いところでは4メータほどはあります。

赤線が引いてある所が高さが2メータ程、そして縦に伸びている黒い線に見えるのがお隣さんのフェンスの頭の部分でその左側が4メータ以上はあるんです。

しかし写真で見るとみんな同じ高さに見えて、同じ色だとこんな風に見えちゃうんですね
 (@_@;)

そしてこれも失敗写真・・・

雪下ろし後.JPG

雪下ろしをした後の屋根なのですが・・・
真ん中に少しだけ黒く見えてるのが、トタンです。

雪の厚みを伝えたかったのに、全然わかりません
 (ーー;)

これも、息子に伝えた一つ

「あまり綺麗に雪を下ろすな」
と・・・

綺麗に雪を下ろしちゃうと、トタン屋根が滑って危険なんです
それで、わざと少し残した状態で雪を下ろします
これを知らないと、綺麗におろして屋根の上がズルズル
動く事もままならず、最悪には転落にもつながります

これと同じ理由で、あまりに天気のよい日も、雪下ろしは控えたほうがいいんです。
屋根と雪の間が解け始め雪崩を起こす事があるので、天気のよい日も危険です。
本当は暖かい天気の好い日のほうが、作業はしやすいんですけどね^^

息子が屋根の上に登ったのを見て娘達も雪履きに出てきてくれました^^
ある程度、屋根の雪が片付いたので
「後はおとうさんがやるから」
(最後の方が危ないので) 息子を下に下ろし作業を続けていると下のほうから
「キャッキャ・キャッキャ」

雪履きをしているものと思っていた娘達と息子が雪合戦をしていました~~

  (ーー;)


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://syumibito128.blog.fc2.com/tb.php/217-823f4158