趣味人 はやちゃんの日記

趣味のハンドメイドルアー・そしてルアーフィッシングに始まり。バイクに車に多趣味な日常をつづっています。

花森湖 2011年6月11日

今朝はすごい雨音で目が覚めました!!
ここ数日は山形でも最高気温が30度程までに上がります。
その為に、うちの奥さんが窓を開けっ放しにしていたようで、土砂降りのすごい雨音で目が覚めました!!

実は根曲竹の採取時季(自分が行く蔵王山系)が始まったので根曲竹採りへと蔵王の林道を走破したかったのですが・・・
今日は精密検査の日・・・・
それでも朝早くと言うか夜中に出てやっと明るくなりだす頃に、根曲竹の育つ笹薮へと着けば数時間タケノコ採りをして朝九時ごろまでに帰ればと思い準備を始めたのが昨日の事
ところが、ないんですよ・・・

いくら探しても探せない物が・・

それは熊避けの鈴

一人で蔵王山系の山奥深くまで入る自分には必携品です。

今の時期は一年間のうちで一番多く笹薮に熊が現われる時期である事も確かなのですが
子供の頃に、散々歩き回った所でもあるので大丈夫と言えば大丈夫かもしれませんが

なんとなく、「出かける前に物がなくなるのは、行くなと言っている印」と・・
精密検査があるので、食べ物を持っていくことも出来ないし
多分行くなといっているのだろうと先日は諦め就寝しました。

しかし今朝の早朝に、この土砂降りの雨音で目覚めてしまいました!!
けれど蔵王の山奥に入り、病院の始まる時間に帰るのにはちょっと無理・・・

けれど、釣りに行って帰るのには大丈夫
幸いあれほど降っていた雨がちょうど止みました^^

釣竿かついで釣り場へGOです!!!
やってきたのは先週にボウズだった花森湖

リベンジです(笑)

今朝の花森湖 周辺

花森湖2011.6.11.JPG

雨は小雨程度降っていましたが、この黄色い花の野草が花盛り^^
まだ日の登らない早朝なのでか蕾んでいました!

岸際に降り立ち、いつもなら何も考えずにペンシルベイトにてトップ・ウォーターを攻める自分ですが
なんとなく、チョイスしたのはハンドメイド・ミノー
自作したリップレス・ミノーです
最近は 「シンキング・ペンシル」などとも呼ばれていますが

「ハンドメイド・リップレス・ミノー」


ハンドメイド・リップ・レス・ミノー.JPG


これはルアーを自作し始めた当初の作品でちょっと作りも雑
それと、フックが写真でわかるでしょうかね?

「40センチにはちょっと足らず」

ハンドメイド・リップレスミノーにて.JPG

一投目です!!
ルアーをひき始めすぐに、ZUN・・・
グラマーな花森湖バスです
実はこのバスを釣上げ、この写真を撮った直後に写真のバスがフックから外れ湖へ・・・

40センチにはちょっと足らないぐらいだったと思うのですがグラマーな引きの強いバスでした
それで、このバスを釣上げたルアーの写真をと思い撮ったのが上の一枚です

この時に気付いていれば・・・・・
ブログに写真をアップしようと、再度写真を見てさっき気づいたんです!!
腹側のフックが大きく変形・・・・三本あるフックの一本がのびています・・・
 
 (ーー;)

今頃になって 「これだ~~~!!」

このバスを釣上げた直後にもバイト^^
ところが目の前で・・・・・

「サヨナラ~~~」

普通なら、ここでフックをチェックするんですよね~
しかし、続けてのバイトに今年初・・・・
疑ったのはリールのドラッグが緩かったかな?と・・・・

この後に何度かバイトがあったのですが、このリップレス・ミノーでのバイトは全てダメ・・・
最初の一匹は釣上げたものの写真を撮っている最中にフックが外れ
二匹目は結構近くまで寄せつつ、エラ洗いでバラシ
その後も、バイトはあるものの針掛かりせず・・・

自分で口からフックを一度も外していないんですよね~~!!
初歩的なミスでした・・・

しかし、何でフックが伸びたのかは不明??
 (ーー;) ナンでなんだろう??

「バス持ちしている指が痛い・・・(ーー;)」

2011年初ゲット.JPG

普通にバス持ちすると 親指がズキン

 (ーー;)


皆さんにご心配頂いた左手の親指もちゃんと人の肌色に戻りました(笑)
裂傷はなく内出血での腫れがまだ有りますが、直接ぶつけたりしなければ痛みも和らぎました^^

しかし、このバスの持ち方は結構きつかったです(笑)

短い時間でしたが花森湖バスに遊んでもらい、良い時をすごせたので次回の釣りは前川ダムにします
※ 自分のブログの検索フレーズの上位が前川ダムになっています
山形県前川ダムで検索してこられた方、もう少しお待ちください



↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

Gremz ⇒ 食物連鎖

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://syumibito128.blog.fc2.com/tb.php/153-e26cf17c