趣味人 はやちゃんの日記

趣味のハンドメイドルアー・そしてルアーフィッシングに始まり。バイクに車に多趣味な日常をつづっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

根曲がり竹の採取 Part 1 2011年6月12日

毎年六月の十日前後に南蔵王林道を走破
目的は根曲がり竹(竹の子)の採取です^^

「根曲がり竹」

根曲がり竹.JPG

根曲がり竹とは 以前にも紹介しましたが 隈笹の竹の子の事です
毎年この時季になるとこの根曲がり竹を採取に行きたくてウズウズ(笑)

根曲がり竹の生える隈笹は標高の高いところにしか生えません
毎年 この時季は南蔵王林道を走破して根曲がり竹の採取です

今年は例年にない大雪でしたから、林道を走り抜ける事が出来るのか少し心配でした
林道に入りすぐに予感は的中

「例年にない大雪での倒木」

倒木がたくさん.JPG

至る所で雪の重さに耐え切れずに倒れた樹木が見受けられます
クリックして少し大きな画像で見てもらえれば、倒木の多さが少しは伝わると思います
道路から外れた所の倒木は良いのですが、倒木が道をふさいでいないかが心配でした!

やはり途中には道路に横たわっていただろう倒木がありましたが、営林署でしょうね
既に片付けてありました^^

大雪の影響は樹木だけではありません
道路も、大量の水が流れたようでえぐられている所も多く有りました

南蔵王林道の頂上付近からは蔵王山の刈田岳にあるバス停&駐車場がほぼ真横に見えます
刈田岳のバス停留所は真夏でも天候が悪いとストーブを炊いているような環境です
当然に南蔵王林道頂上付近も似たような環境になります
幸いにも、この日は天気もよく高原の風がとても爽やかでした

車を止め ふと路肩に目をやると

「二輪草の群生です」

二輪草 群生 蔵王山系.JPG

山菜としても知られる二輪草ですが、自分は採取した事がないのでどうやって食べるのかも知りません
たまに山野草として 植物園で売っているのを 見かけることもあるぐらい
いかにも山野草らしい可憐な花です

「二輪草」

二輪草 2011.6.12.JPG

ただちょっと困った事に、これも予想していた事では有るのですが
二輪草が咲いていると言うことは根曲がり竹の採取には少し早いと・・・・

この二輪草の群生の花が少しだけ咲き遅れた花が残っているぐらいが、根曲がり竹の採取時季である事を経験から知っています。
しかし、既に例年よりは走りづらかった南蔵王林道を愛車、マツダのトリビュートで頂上まで走破しました!
車の隣に立っているだけでオイルの焼けた匂いがしています
そのぐらい過酷な林道です、このまま帰るわけにもね~~

笹薮に入る準備をして 根曲がり竹採取に出発です

「熊笹の笹薮」

自分の背丈より高い笹薮.JPG

この写真は自分が立った状態の目線で撮影しています
自分の背丈を軽く越えています。

根曲がり竹の採取は「よほどの山菜採りのベテランでないと無理」と言われるゆえんです

笹薮に入ってしまうと方向がわからなくなってしまうんです
おまけに竹の子の出るこの時季は野生の熊もその事を知っているので笹薮に入ってきます

隈笹の笹薮には安易に入らない方が無難です
根曲がり竹の採取をしたいときは、経験者と入る事をお奨めします

笹薮に入り少し歩いた所に山ブドウが有ります
その山ブドウを見れば

「山ブドウ 2011年6月12日」

山ブドウの芽.JPG

やはりです・・・・
やっと山ブドウの芽が芽吹いたばかり!!

隣に見える蔵王山刈田岳を望めば、何箇所かに白く残った雪が見えます!
この時季にこの場所から雪が見えたのは初めてのような気がします

確かに日当たりの悪い沢には大量の雪が7月頃まであります
しかし、見えている雪の有る所は結構日当たりのよい場所です。

一週間ほど早かったかなと思いながら笹薮の中へ・・・・
採取の様子はまた次回と言うことで^^


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

Gremz ⇒ エコマーク

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://syumibito128.blog.fc2.com/tb.php/152-2fba5afd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。