FC2ブログ

趣味人 はやちゃんの日記

趣味のハンドメイドルアー・そしてルアーフィッシングに始まり。バイクに車に多趣味な日常をつづっています。

月山~田麦俣 七つ滝 (山形県鶴岡市)

天気も良いしドライブ日和!!
滝でも見に行こうかとデジイチやもろもろのレンズの詰まったバッグ
三脚に一脚と車に詰め込み走り出しました!!

国道13号線から山形自動車道(山形高速道)へと車を乗り入れ目指すは月山 田麦俣

田麦俣には多層民家や六十里越街道(出羽古道)など観光名所も多いです・・・・・

日本海へと釣りに行くときに何十回・・・何百回と通った道のりなのですが・・・・
国道から少し離れた田麦俣には訪れたことがありませんでした!
(当時はお魚さんしか頭の中にはなかったので(笑))

そして田麦俣には七つ滝と呼ばれる滝が有り
紅葉の季節の美しい写真を数多く見ました!

それで季節は違えど一度は見てみたい滝の一つでした。

オイラのちっこい車は元気よく高速をひた走り、山形自動車道~国道112号線へと入ります。
以前は高速がなく国道112号線が月山を越える主要道でした!

ちなみに山形自動車道は日本で一番標高の高いところを走る高速です。
冬場は吹雪に雪崩などを覚悟で高速へと入らなければならない、考えてみればとんでもない高速道かもしれません(笑)

この日は汗ばむほどの良い天気でしたけどね

そして国道112号線から田麦俣地区へと右折
車が何とかすれ違えるほどの狭い道です。

国道112号線 (田麦俣 七つ滝から望む)
国道112号線 (田麦俣 七つ滝から望む) posted by (C)はやちゃん

なんか写真がジオラマっぽいけど、真ん中に見える道路が国道112号線です
七つ滝のところには十台ほど駐車できる無料の駐車場と、七つ滝を展望できるベンチなどが有り
木陰のベンチで初夏の涼しい風を体いっぱいに浴びながら、このまま眠っていたい

そんな衝動に駆られる場所でした!
上の写真も滝の反対方向を撮った一枚です

田麦俣 七つ滝
田麦俣 七つ滝 posted by (C)はやちゃん

駐車場から滝の姿は見えていました!

夏霧の
   底へ底へと
          田麦俣


こんな 碑がベンチの横に立っていました
 六十里越 俳句大会 特選  山形市の岸さなえさんの句と書いてありました

この場所にいると凄いよくわかります!!

田麦俣 七つ滝 (山形県鶴岡市)
田麦俣 七つ滝 (山形県鶴岡市) posted by (C)はやちゃん

一番底まで100メータぐらいかな?
其処へ夏霧が吸い込まれるように降りていく・・・・
情景が頭の中に浮かびました

展望台の入り口の看板には
(オイラの悪い癖で 見たいものを見てから看板に目を通す・・・)

日本の滝 百選地  「七つ滝」

幾本もの流れが岸壁の途中で一本にまとまって落ちていく勇壮な滝。
高さは約90メートル。
周辺には、江戸時代に湯殿山への参詣道として栄えた「六十里越街道」がある。
七つ滝下流にある田麦俣集落は、兜造りの茅葺き屋根が美しい「多層民家」の里として知られている。


デジイチを構えるオイラの横には

今、真っ盛り(田麦俣 七つ滝にて)
今、真っ盛り(田麦俣 七つ滝にて) posted by (C)はやちゃん

野生のイヌツツジが今が盛りと咲き誇っています。

文中にもある「六十里越街道」
オイラが車を乗り始めてすぐのころは、今の国道112号線が「六十里越」と呼ばれ
砂利道で対向車とすれ違えないほどの道で 対向車が来るたびに大きくバックするか 対向車にバックしてもらうか・・・
そんなすごい道のりでした

そんな峠道を嫌って庄内地方の日本海に出るには月山を大きく迂回して日本海へとドライブしたのを記憶しています。

やがて今の国道112号線が開通 
ものすごく便利な国道ができたと思っていたら、いつの間にやら高速まで通りました!!

オイラとしてはバイクを乗り始めたころの「六十里越」が懐かしくもあります^^


六十里越街道
六十里越街道 posted by (C)はやちゃん

江戸時代に使用していた「六十里越街道の」一つ 「蟻腰坂」の入り口です

写真で見ると石段の続く道・・・・
そんな程度ですがオイラの目には斜度が45度以上
石段の幅は一尋(ひとひろ)も有りません  つまり両手を広げた程度もありません。

「蟻腰坂上り口」

急坂のため、まるで地を這いつくばって歩くことから、この名前がついたと言われる。
田麦俣から、坂を上る参拝者たちの白装束の行列が絶えず見え。
夜になるとジグザグのように松明の火が続いたという。


ここにも看板が立っていました^^

帰りには月山ダムの大噴水が見たかったので高速を使わずあえて国道112号線を下りました。
国道からは


国道112号から望む
国道112号から望む posted by (C)はやちゃん

場所的には朝日岳かなと思うのだけど・・・・・
定かではないです
それでもいまだに雪を抱く山が目線とほぼ同じ高さに見えるのですから、標高がかなり高いのが分かると思います
山形高速道はこの112号線とほぼ並行して走ります。

月山ダムの大噴水
月山ダムの大噴水 posted by (C)はやちゃん

そして月山ダムの大噴水!!

うちの子供たちが小さい頃に見たのが最後ですから
ほぼ二十年ぶりぐらいです(笑)

高速ができてからは高速を使うので 月山ダムの売店によるのさえ二十年ぶりです(笑)
以前にテレビでやっていたんですよ

山形の無駄なもの・・・・・(^_^;)
真冬に来た観光客が、誰も見ていないのに噴水が上がったって(笑)

一時間おき00分ちょうどに噴水が上がるらしいので寒い時期は噴水を待つ人もいないかな~!!

オイラは30分ほど噴水が上がるまで待ちました!
そして、その待ち時間に



Kawasaki 900 Z1
Kawasaki 900 Z1 posted by (C)はやちゃん

「綺麗なZⅡが止めてあるな~」
最初はそう思って見ていたら・・・
うん…・900のエンブレム

近くに革ジャンを来た方がいたので
「Z1ですか・」と尋ねたら

「そうです」と快く話してくれたので
図々しくも
「写真を撮ってもいいですか」
と了承を得て撮らせてもらいました^^

…まあ、ブログに載ることまでは了解をもらいませんでしたけど…(汗)
もし偶然にでも、このブログを見つけたら 楽しい時間をありがとうございました^^

Kawasaki 900 Z1 
オイラが最初思ったZⅡは日本国内仕様のKawasaki RS750 ZⅡなのですが
海外にはこのZ1が輸出されていました

高校生だったオイラには逆輸入なんて夢のまた夢
ものすごい憧れだったマシンです。

しかもこんなに綺麗に
それにスポークホイルも渋いし
(最近は、みんなキャストホイールにするので)
ヨシムラの集合管も泣かせる^^

「オイラならコンチかセパハンつけて、あとはこのままがいいですね」
そんな話をしました^^



・・・・・「あ~~~~~~っ!!!!
     多層民家を見るの忘れた~~~~~・・・・」
   ( 一一)




グリムス →  京都議定書

スポンサーサイト