FC2ブログ

趣味人 はやちゃんの日記

趣味のハンドメイドルアー・そしてルアーフィッシングに始まり。バイクに車に多趣味な日常をつづっています。

くやしい~!超~~~くやしい!!

ついさっき花森湖から帰ってきました!
今日はお昼頃から釣りに出かけ3時間ほどいましたかね!!

秋になると早朝より少し陽が登ったぐらいの方が釣れ出す事が多いので、秋のパターンに入ったと思ったのでノンビリの釣行です!

釣りの記事は一週間以上たってから投稿
自分のパターンなのですが・・・・
つい一時間ほど前に余りに悔しかったのでこの悔しさを忘れないうちに記事にします(笑)

先週の濁りがかなりとれて、綺麗なすんだ水になりつつある花森湖でした^^

湖面に映る紅葉もきれい^^

2011.10.8.JPG

デジカメを忘れ携帯で撮ったのでちょっと暗く紅葉の綺麗さが伝わりませんね・・
 (ーー;)

そして、渋いながらもボウズは逃れ

2011.10.8 花森湖.JPG

ちっちゃいですけどね・・・

いつもの様に広範囲をキャストして探りました
そしてスピニングロッドに持ち替えて いつものように「スミス パニッシュ 85F」をキャストし始めました!

湖面中央に真っ直ぐにキャストして巻き終わったら少しずつ移動しながら釣っていくのが花森湖での自分のスタイルです。
しかし今日はミノーに反応するブラックバスがほとんどいない・・・
それと、いつもなら フロロカーボンラインの6ポンドを巻いてあるリールなのですが
リールに巻いてあるラインが残り少ない!
シーズンもあと少しなので、家にストックしてあるダイワの6ポンド、ナイロンラインを巻いておきました!

これが結構ストレス・・・・
やはり感度が悪い・・・(ーー;)

まあそれも仕方なしとキャストを続けていたら、いきなりきました!!

「ゴズン  !!!!」
ほぼ同時に

「ジィ~~~~~~~~~~~~!!!!」

一瞬の出来事でした!

そして水面下にかなりデカい細長い魚体!!
そして

「フッ・・・・・」


一気にラインのテンションが途切れます!

一瞬で心臓がバクバク

かなり遠かったのですが 魚体の形から
「ナマズかな?」

と一瞬思うが 水面下でクルクルと魚体をくねらしフックを外そうとしているのが見えました
そんな事をするのはトラウト族

しかも紫の側線が見えたような気がします
「もしかしたら、かなりデカいレインボーかも!!」

そうも思うけれど一瞬だったので・・・・
 (ーー;)

余りに一瞬!!

アタリと同時に一気に走られた為に 合わせる事も出来ずに フックアウトでした・・・・

逃がした魚は大きいと言うけれど・・・・・
今、思い出しても

「悔しい~~~~~!!!」

超~~~ 悔しい~~~!!


(ーー;)


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

Gremz ⇒ エコアクション

スポンサーサイト



ターンオーバー

釣りをする方なら、「ターンオーバー」・・・・聞いた事があると思います。

2011年10月2日 花森湖(山形県上山市)です。
前日は記事にもしました様に、活性も悪くなく普通に釣りをしました
・・寒かったですけどね (ーー;)

明けて2日 午前中は予定もなかったので花森湖へとまたやってきました!
早朝の花森湖はかなりの寒さです・・・

前日よりもかなり寒い・・・・(ーー;)
表水温を計る前に水温計を見ました!

(ーー;) 8℃・・・・
外気温が8度・・・寒いわけだ~!!
そして水温・・・14℃・・・・

前日より更に2℃下がっています・・・・
夜中に雨が降っていたようなので、冷たい水が入り込んだのでしょう

皆さんがご存知のようにこの日は 北海道や青森で積雪を観測
釣りから帰り
「やっぱ北海道や青森は違うな~」
とニュースを見ていたら、続いて山形県内のニュースです
すると山形でも

「蔵王山頂で初雪を観測」

画面には「蔵王山頂 地蔵岳」のお地蔵さんが初雪に打たれて寒そうな映像が流れていました!

そう、この日の早朝です!!
寒かったわけです・・・・

そして2℃の水温変化・・・14℃・・自分が行く湖のブラックバス達には問題のない水温ですけど下がり傾向にあるときは活性が落ちます。
つまり釣り辛いです。

しかし前日の事が有るので
「何とかなるだろう~^^」
と始めたものの アタリすら皆無・・・
 (ーー;)
アレアレと思いながらルアーローテーションするも一向にアタリが有りません!
回りには何人か釣り人がいますがほとんど釣れている気配がありません!

一人でも釣れれば、その状況を見て推測できるのですが・・・
遠目に見ても、ソフトベイト&ラバージグかハードプラグかの判別や釣り方から足元なのか離れているかとか、いろんな情報をくれます^^

しかし、誰にも釣れていない状況・・・
(ーー;)

そのまま2時間ぐらい経過
帰り始めた釣り人も・・・・
自分はボウズが悔しいので何とか一匹釣ってから・・・と

何をすれば良いのかを考えながら場所移動したときです
セットしてあったトップウォータープラグをキャスト!

うん?
足元の水が・・・・変??
曳いてきたプラグが泡立つ・・・???

時季的に「ターンオーバー」が起きていたのかもしれません!

ターンオーバ・・・正確にはフォールターンオーバーですかね!
夏場の湖は表水温と湖底の水温が違います!

温度の低い水は重いので下へ・・・
そして夏の太陽で温められた水は軽いので表層で停滞しています。
つい二週間ほど前の表水温(足元でですが)ずう~っと30℃近くありました!
それが二週間ほどで一気に15℃以上も低下です!

魚でなくとも体調が変になりますよ!
そして表水温が湖底の水温と逆転した時

ターンオーバーが起こります!
まあ、湖底の水と表層の水が入れ替わるわけです!


魚たちの活性が落ちる理由はいろいろ言われていますが自分は学者さんではないので軽く(笑)
動きのなかった湖底の水は溶存酸素量が少ないからとか、湖底にあった水と表層の水では著しくペーハーが違うからとか・・・

釣り人にしてみればただただ釣りにくいと・・・

そう判断したので、この場合はとにかく場所移動です!
少しでも影響の受けていないところを探すのが先決です

やっと見つけたときには3時間経過・・・・・
 (ーー;)

「やっと一匹目」

2011..10.2花森湖.JPG


こんなんですけど、ボウズ脱却(笑)

同じ所で、もう一つアタリもなしに重みだけが・・・
ちょっと根掛かりっぽいけれど軽くあわせて巻き始めると結構デカそう~・・^^

足元に寄せてみると40センチぐらい・・・

が取り込む寸前に「さようなら~~~」って・・・・

多分こいつがこの日は一番デカかったです・・・
 (ーー;)

同じ場所で同じようなサイズですが数匹程釣ったのでやっと引き上げです・・・

「しっかし、寒かった~!!」

それと、ターンオーバーが終われば本格的な秋のパターンの釣りに移行です!
自分的にはボトムを意識した釣りが多くなりますかね!

去年の秋、花森湖へと通うようになったきっかけも今頃です!
もう一年経ちました!!

あの時は凄い入れ喰いで、爆釣~

ミノーを投げればブラックバスが付いてくる・・・
もうそんな感じでしたね(笑)

「ボトムを意識した釣りはどうすれば・・・?」
と、ことづてが入りそうなので(笑)

自分的にはこの時季ぐらいからデープダイバーを使い始めます
(オカッパリではデープダイバータイプのルアーは足元で根掛かりしますので、ある程度手前まで曳いてきたらロッドを立てて ルアーを急激に浮上させます!
そうでないとルアーがいくつ有っても足りませんよ(笑))


それと、テキサスリグやラバージグでのリアクションバイト狙いです。

写真では分かりづらいですが ブラックバスの色がかなり白っぽいです。
今年のシーズンもあと少しですかね~!!


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

Gremz ⇒ エコアクション