趣味人 はやちゃんの日記

趣味のハンドメイドルアー・そしてルアーフィッシングに始まり。バイクに車に多趣味な日常をつづっています。

偶然??? 花森湖(山形県上山市)

今朝の地震は揺れも大きく長かったですね〜〜・・・ それって・・・・ もしかして・・・・・ これのせい・・・・・・??? 2011.7.29 花森湖.JPG 一昨日、7月29日 こんなの釣っていました〜〜〜 「ナマズくん・・・・」 この日は新しいロッドも出したので、最初の一匹は釣りたいと ここのところレギュラーサイズの大きい花森湖(山形県上山市)へと釣りに出かけていました! 数日前からの雨、この日も午前中は雨が降っていました 状況はと言うと 満水時から見ると 1.5メータほど減水していると思います 雨により流れ込む水は増しているとは思うのですが、花森湖は減水し続けています。 それと雨の影響で濁りが入り 薄にごり程度の水ですが 超クリアーウォーターの花森湖なので、どう影響するかでした! いつものように、トップウオータールアーをキャストして様子をみます ルアーは最近新しく出したばかりのサミー85 このルアーではまだ一本のブラックバスをも釣っていないので とりあえず一匹目を釣りたいのでいつでも臨戦態勢です(笑) しかし、アタリがありません! トップウォータールアーでサーチする場合、 特にペンシルベイトですかね その場合アタリは当然のように派手に水面に出てくることが多いです それは誰でも気付くと思います しかし、トップウォーターに反応している魚はそれだけではありません 水面に水の拠れとなって現われることが多く有ります ルアーに反応はしているが、水面にまでは出てこない魚 ルアーを追うのですが追いきれない魚  それが水面に水のよれとなって現われます もしそれらを発見する事が出来たのなら、フォローベイトを投入する事でほとんどがキャッチできる魚です! フォローベイトにどんなルアーを使うかは、その日の状況や地形でも違うのでそれはいずれ機会があるときに^^ しかしこの日は、ペンシルベイトに反応する水のよれも発見できません 次にミノーをキャストして様子をみるもこれもアタリもなし 仕方ないので最近はまっているパターンに切り替えました! しかし、これすらもアタリがなく・・・・   (ーー;) 最近の雨続きで今までのパターンが変わってしまったようなのです 年に数回はこれがあるんですよね〜 昨日まで釣れていたルアーを突然に全然追わなくなる事  あるんですよね〜! 一つのパターンが終わったので 花森湖で最近釣れていたパターンとは ルアーを派手に動かさない事! 出来る限りゆっくり・・・・・ ルアー本来のアクションもしないぐらいゆっくり  デッドスローで余計なロッド操作もせずただただゆっくり巻き上げる!! 自分的には嫌いな釣り方なんですけど(笑) これが何故かハマっていたんです! 試しに他の野池や 前川ダムでも試しましたが 花森湖での様な反応は示しませんでした 花森湖で自分が見つけたのと同じような状況があれば、爆発するとは思いますが^^ それが、まるで通用しなくなりました! 困って小バスで反応を見ました 自分がよくやる方法です! 小バスだけはルアーに面白いように反応してくれます 但し小バスに見合ったルアーを選ぶ事も必然ですが そしてサイトフィッシングで小バス狙いです(笑) やはり、小バスもゆっくり動かしただけのルアーには全然興味を示しません! 実はつい最近まで デッドスローに曳くルアーに面白いように小バスが反応 大きなルアーに子バスがアタックして アタリだけはひっきりなしにあったんですよ!(笑) 7センチや10センチのミノーにルアーと同サイズのブラックバスが釣れたりとか(笑) それがピクリとも反応しません! なので子バスの近くでジャークして見ました スイッチが入りましたね^^ それで小バスでも一匹釣ってからと、少し遠投して トゥイッチ&ジャークをおりまぜながら 探りを入れました ・・・・以外にもでて来たのは 2011.7.29 .JPG 30センチほどのブラックバス^^ 小バスいじめのつもりだったのですが(笑) こいつを釣上げ写真を撮り 同じところに再キャスト! 着水してすぐです! 間をおかずにまたもやアタリ あげてみれば同サイズで同じようなプロポーションのバスがヒット 写真には収めたが、あまりにもサイズやプロポーションが似すぎていて面白みもなし キャッチした所が同じなので後ろの光景もほとんど一緒(笑) 写真の時間を見ると最初のブラックバスを釣ってから一分後でした^^ これで動きのパターンだけはつかんだと フローティングミノーをチェンジしてサイズアップを図ります 前回までのアタリルアーは全く見向きもされない状況です。 ミノーを花森湖では当たっているパニッシュ(スミス)に変えて数投目です 横からルアーをひったくるようなZUNとしたアタリです! しかし・・・・ ブラックバスにしてはひき方が違う・・・・ それで釣れたのが冒頭のナマズ君です サイズは全長が45センチ以上ですね この写真を撮った直後です クルクルッと回転したかと思えば、勝手にルアーのフックを外し ナマズ君は湖底へ勝手に帰って行きました^^ 林の中に 山百合を見つけたので 林の中に咲いていた山百合.JPG ↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い Gremz ⇒ 植林・植樹

蔵王温泉 川原湯(山形県山形市蔵王温泉)

今朝は早起きして釣りに行こうとするもあいにくの雨・・・
企業節電の影響で休日が多いのはよいが、最近は雨の日が多くて釣りにも行けず

それどころか休日が多い為に体がなまってしまったのか・・・
数日間仕事をしただけで全身が汗疹
 (ーー;)

見た目は何ともないけれど ちょっと体が温まると痒いし 小さな赤いプツプツが・・・
釣りなどには行かず、蔵王温泉で療養して来いと

そう言う事なんだろうと解釈^^
蔵王温泉は皮膚疾患には定評のある温泉ですから
思い立ったらすぐに行動が心情(笑)

早速に蔵王へと車を走らせあっという間に蔵王温泉!!
いつものように、蔵王の温泉街へと車を乗り入れ無料駐車場へと車を進めると

中学生ぐらいかな?
たくさんの人出!!
もしやと、いつも入る「蔵王温泉 上湯」を覗けば 大混雑
  (ーー;)
蔵王温泉の公共浴場は狭いので、先客が多いとノンビリと言うわけには行きません!
仕方なしに、嫌な予感はするものの 「蔵王温泉 下湯」へと足を延ばして また中を覗いたら
予感的中・・・こちらも大混雑
修学旅行かなんかでしょうね・・・

仕方なしに車に戻り、「蔵王温泉 川原湯」に行く事にしました!
蔵王温泉街から少しだけ外れているので、もしかしたらそっちは空いているかもと思ったんです!
晴れていれば歩いていくのですが、朝からの雨!
「川原湯」の隣には有料ですが駐車場も有るので
濡れたくないので車で移動です。

やはり、川原湯は静かでした^^
修学旅行の学生もここは気付かなかったようです

「蔵王温泉 公共浴場 川原湯」

蔵王温泉 川原湯 玄関.JPG

蔵王温泉の公共浴場は何処も狭いのですが、そのうちでも川原湯が一番狭いんです!
ノンビリ入るのには3〜4人が限度ですかね!
そんな理由で  川原湯へは足が遠のいていたのですが・・・
考えてみれば「川原湯」は紹介した事は有るけれど写真は載せた事がなかったように思います!
今日は一人きり^^
写真を撮るチャンス・・・・
うん・・デジカメを車に置いてきた 
 (ーー;)

まあ携帯からの写真ですが

「川原湯 内部」

蔵王温泉 川原湯.JPG

狭いけれど、いいでしょう〜〜^^

湯殿につながる引き戸も

蔵王温泉 川原湯 内部.JPG

脱衣所と一続きの下駄箱も

蔵王温泉 川原湯 下駄箱.JPG

レトロな香りが満載です^^
浴槽の回りの床だけは治したようですが 建物自体は昔のままです

浴槽の中を覗くと

蔵王温泉 川原湯 2.JPG

浴槽の底や 周りが「すのこ」になっているのが分かるでしょうか?
(子供の頃は、川原湯のこの「すのこ」の底が怖かったんですが・・・)
この川原湯だけ源泉が違います

温泉の湧く 池の中に建物を建てたと言えばいいのでしょうか
源泉の真上に建物が建っているんです
正真正銘のかけ流しです(笑)

その為に「川原湯」の温泉は 蔵王の他の温泉より少し熱めのお湯です。
ちいさなお子さんをお連れのときは、川原湯はやめた方がいいでしょうね!

それと、浴槽内の壁のしきりも「すのこ」の壁です 
(写真の奥に写る「すのこ」の壁)
その奥に見えるのが女風呂の浴槽内です(笑)

若い頃から温泉が好きで、ここには当時付き合っていた彼女ともよく来ました^^

彼女がイタズラしてこの「すのこの壁」の近くに寄り添い

「見える〜〜」







しっかり見えました・・・(*^_^*







足の裏・・・・・


すのこの壁に寄り添ってもその程度しか見えませんから 女性の方も安心ですよ
もっとも 男性浴場側にピタッとくっつけばお尻ぐらいは見えるかもです(笑)


うん、潜ればと・・・・
確かに温泉は綺麗で透明度も高いので潜れば見えるでしょうね〜〜

但し蔵王温泉は強酸性の硫黄泉です!
少し目に入っただけでも目がピリピリ

そんなお湯の中で目を閉じずに開けていられる男性・・うん女性も?(笑)
パラダイスが見えるかもしれませんよ(笑)

自分には無理ですし、出来る方がいるとも思えませんけれど(笑)


先週の記事中で「コスモス」の花を見つけたのに写真に収める事が出来なかった事を書きました

今日こそは写真に収めたいと先週にコスモスを見つけたあたりをノンビリと探しながら走ってみました!

ありました

「2011.7.29 コスモス」

コスモス 蔵王にて.JPG

なんと、先週に見つけたのは一輪だけだったのに 一週間でこんなにも咲いていました


春の訪れが凄く遅かった山形です

そして、やっと春が来たかと思えば めまぐるしい速さで季節が巡ります


2011.7.29 コスモス.JPG

Gremz ⇒ 京都議定書

真夏の蔵王なのに・・・

本日二度目の更新です(笑) ルアーフィッシングの記事は釣りをやらない方や釣りをなさる方でも ルアーをやらない方には面白くもない記事かと・・・(笑) ルアーフィッシングに興味のある方は 下の記事もお読みいただければ幸いです^^ 下の釣りの記事にも書いたように平日に三連休!! 釣り三昧と思われるでしょうが(実際は釣り三昧(笑)) 一応は連休の予定をたてていたんですよ! と言うのはスモールマウスバスが釣りたい  (やっぱり釣り(笑)) しかし自分が行きたいのは福島県の桧原湖 山形からは結構近いんですけどね! それでも朝一に始めると成ると 遅くとも前日の夜には出かけたいので 一日目はゆっくり休むと決めていました! そして朝一で蔵王へと向いました^^ ゆっくり休むのでは〜と思われるかもしれませんが、蔵王温泉まで我が家からは車で30分ほどです。 我が家の近くには温泉が何ヶ所かあるんですよ なかには歩いていけるほど近くにも温泉が有ります しかし蔵王温泉が肌に合うようで蔵王温泉まで足を延ばすのが常です^^ 蔵王のワインディング道路を登り始めると 所々にひまわり畑が見えるのですが今年は生育がイマイチ 「ひまわり畑」 2011.7.25蔵王.JPG 今の時期なら 満開のひまわりで畑が真っ黄色に見えてもよいはずなのですが 写真のようにまばらです・・・ 今年の夏はなんか涼しいです・・・・ 山形だけなのか自分だけがそう思うのかとも考えましたが 例年だと猛暑日が長く続く山形の暑い夏・・・しかも湿度が高いから癖が悪い けれど今年は猛暑日って2〜3日ぐらいあったでしょうか? 3日もなかったような?? 初夏に鳴き始める「ニイニイ蝉」などはたくさん鳴いていますが 「ミンミンゼミ」はここ数日やっと鳴き始めたばかり「アブラゼミ」の鳴き声などは一度も聞いていません!!

ニイニイ蝉は ↓ ↓ 「ニイニイゼミに思う」
それに夕方を過ぎると涼しい風が吹き始めるのも今年の特徴ですかね そして蔵王を訪れた事のある方なら記憶にあるかもしれませんが、蔵王には多くの紫陽花が植えて有ります 蔵王高原による気候によるものか秋頃近くまで紫陽花が楽しめるんですよ^^ このひまわり畑の後ろにも 道路を挟んで紫陽花が花をつけています 蔵王にて.JPG この写真は蔵王の違う場所(以前記事にした 鴫の谷地沼周辺です)で撮った物ですが、同じような景色なので(笑) そして車を進めると道路わきに コスモス のピンクの花がもう咲いていました! 残念ながらワインディングの続くコーナーの中間 車を停める場所がなく 写真は撮れませんでした (他にもあるだろうと気楽に通り過ぎたのに、このとき見つけたコスモスしかなかったんですよ〜) もし写真に収めていたら 春の花と夏の花と秋の花が一緒に楽しめたんですけどね 記事としても面白かったのに(笑) 上山市から蔵王エコーラインへは向わずに上山市から真っ直ぐに山形市の蔵王温泉へと向かう道が有ります その道路を登り蔵王温泉まであと少しの所 蔵王のペンション村が有ります 「蔵王ペンション村」 蔵王ペンション村.JPG 大きな看板ですがコーナーの途中なので見落とさぬように!! このペンション村では 一軒々のペンションで四季折々のいろいろの草花を育てています。 ペンションオーナーの腕の見せ所 蔵王には全国からお客さんが来ます! そしてそれぞれのペンションの花々を目の肥えた方たちが鑑賞するのですから^^ 実はこの蔵王ペンション村は それぞれのペンションオーナーが育てた草花を無料で見られるようにペンションの庭を開放しています^^ ペンションに泊まりに来たお客さんだけではなく蔵王に訪れた全ての人に開放して 素敵な庭を見せてくれます^^ ペンションごとのオーナーの性格までも見て取れるようで楽しいです!! 駐車場も広い無料駐車場が有りますので、自家用車で蔵王温泉にお越しの方は 蔵王ペンション村に足を延ばして見るのもいいですよ^^ 「蔵王ペンション村での一枚」 蔵王ペンション村にて.JPG よく見ると花の中に先客が^^ 花の中に.JPG イナゴです^^ 山形にはイナゴを佃煮にして食べる習慣が有るので (自分は苦手 山形生まれでも山形育ちでもないうちの奥さんは好物みたいです)  「早く逃げないと獲られちゃうよ〜〜」 今の季節の蔵王は綺麗ですよ〜 冬とはまた違った景色が広がります 蔵王温泉名物の稲花餅が欲しくてお店によりました 稲花餅は以前に書いたこの記事でどうぞ
↓  ↓ 「蔵王温泉・下湯〜蔵王の紅葉」
素朴な味で決して「美味しい〜〜」と言う味ではないですが自分は好きでよく買います 山形市内の和菓子屋や餅屋さんでも「稲花餅」の名前で売ってはいるのですが、蔵王温泉以外で売っている「稲花餅」は偽物です。  こう書いちゃうと怒られるかもしれませんが 多分「登録商標」を取っていなかったんでしょうね 「稲花餅」・・・結構氾濫しています そしてお店の奥さんと 「涼しいと言うか寒いぐらいですよね!」 「そうなの!こんな天気じゃお客さんが減るので困るのよね〜」 深刻な顔で話してくれました! 「蔵王でのひまわり」 ひまわり.JPG 「そして、冬以外ほぼ一年中楽しめる紫陽花」 2011.7.25 蔵王にて.JPG ↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い  Gremz ⇒ ゴミ分別

2011.7.22 前川ダム

今回は三連休なので一日目は、ノンビリしようと予定 蔵王温泉に浸かり、一日目は何処へも行かず早めに就寝  しかし、夜中の三時半ごろに大きな地震!! 地震で目が覚め時間を見ると 釣りに行くのにちょうどよい時間^^ しかしこの日の朝まではノンビリすると決めていたので 再度就寝 実はこの日の夜に福島県の桧原湖へ出かけるつもりでした そしてその日の夜 夜中ですが、そろそろ出かける時間 しかし出かけようとする寸前から  わざわざ福島まで出かけ雨降りでは・・・ 断念して就寝! 早起きして前川ダムへと行ってきました   そして今朝 7/27 ・・・今朝は釣りに行くつもりで早起き・・・が、またもや雨 仕方がないので記事の更新でもしようと朝早くからパソコンに向かっている次第です しかし・・・そんなこんなで前川ダムに昨日は行っていたわけですが・・・・ 前回の前川ダムでの釣行記事がまだ・・・・!!  (^_^;) 釣り三昧にて書きたい記事がたまりすぎ・・・(笑) 順不同の記事にはなりますが,たまっている写真を少しずつアップ いつになったら追いつくのやら・・・ そのうち、書きたくともネタがなくなるんだけどね(笑) 2011年7月22日の釣行です 前回の記事 「どんでん平 ゆり園」に行ってきた、その日の午後です 「最近、前川ダムに行ってないな〜〜」 仲間内では前川の主と言われ 前川ダムをホームグラウンドにする自分です 「そろそろ前川ダムの釣行記事も書かなければ」 と変な使命感に燃え (笑) 前川ダムでのブラックバス・フィッシングです 入ったエリアは熊野ワンド 前川ダムの南側に位置するワンドでシャローが広がります シャローの好きなブックバスですので  近くにディープもあるために一年中バスがいるポイントの一つです ここにはじめて入った人は、何処にルアーをキャストしたらよいか? 悩むエリアでは有ると思います 結論から言えば フルキャストで何処にでもです。 底の状態もブラックバス好みで ストラクチャーも点在しながら少しずつ 深くなっていくシャローですので 何処からバスが飛び出してもおかしくないのが 熊野ワンドです。 フルキャストしたペンシルベイトに 「何であんな所から??」 と悩んでしまうような場所からブラックバスが果敢にルアーにアタックしてきます^^ まだ太陽が高い位置にあったのでシェードのバスから狙おうと熊野ワンド西側に歩き始め 熊野ワンド奥にあるブッシュの中から始めました タックルは ダブルハンドロッド ミデアムヘビーのベイトロッドに ノーシンカーのシャッドです ラインはナイロンラインの16ポンドです。 ・・・・今風にベイトフィネスです・・ 別に最近のテクニックではなく昔からやっていたんですけどね^^ ベイトフィネス・タックルなんて呼ぶと新しい事をやっているみたいで(笑) ブッシュがちょっときつい場所なので スピニングタックルではあっという間にラインブレークですし ハードルアーでここを攻める人はいないと・・・ そうかと思えば トップウォータールアーが引っ掛かっている まあ、トップで狙いたくなる気持ちは分かるけれど ブッシュに入っているブラックバスって ブッシュ近くを引いてもなかなか出てこないので ブッシュの近くをハードルアーで攻めるより テキサスリグやラバージグで直接ブッシュの中を打ったほうが早いですね!  今回はノーシンカーですが落とすのではなく浮かせたいと言う意図もあったのであえてノーシンカーです。 アタリはあるものの小バスなのかブルーギルなのか全然のってきません 前回はこのブッシュから何匹か出したのですが・・ そして奥へ 今までは狙えなかったところが いくらかの減水で届くようになりました しかし・・・キャストするのがかなり難しい・・・ (ーー;) 前川ダムにて.JPG 狙うポイントは赤丸の所です 写真ではそんなにカバーがきつくは見えないのですが 矢印を書いた所の全てが水面にかかっているカバーです そして写ってはいないけれど 自分の立ち位置の左側にネコヤナギの木がキャストを邪魔します 気持ち的には赤丸の所へトップウォータルアーを入れたいのですが ここでのキャストはロストを覚悟しなければ無理 トリプルフックのハードルアーでは・・ちょっと キャストミス= 場を荒らして釣れないですから ブッシュを打っていたWハンドロッドにロッドチェンジ またもやベイトフィネスの出番です(笑) フックを隠したソフトベイトですから カバーなんか全然怖くない^^ 仮にミスキャストをしても フックが引っ掛からないので静かにルアーを回収することも可能です しかし問題はどうやってキャストするかです・・・ スピニングロッドも有りですがなんとなくベイトロッドを持ったので(笑) 普通にオーバヘッドキャステイングではカバーが邪魔をしています ピッチングやフリッピングでは左側にある(写真には写っていません)ネコヤナギが邪魔 幸いにも水面が右側 右利きの自分ですから右からのサイドハンドキャストの方が得意 しかし、これも写真では分かりませんが右側にはアシが生えているんです・・ 一番手前のカバーと水面の間は50センチほど 狙うポイントまで最初のカバーから5メーター程あります (写真で見ると簡単そうに見えるけれど きつかったんですよ〜〜) しかしキャスト成功^^ 思っていた所より少し手前でしたが、それでも水際に (^。^) 何故赤丸の所かと言うと、倒木が有り後ろが岩 ブラックバスが身を隠せ 更に岸際に付くブラックバスですから^^ 難しいポイントなので打たれたことがなかったんでしょうね〜 狙い通り一発で喰ってきました 少しロッドをきいただけで アタリもなく喰っていました! 大きく合わせをくれたら ベイトリールのドラッグが  「キュウウウウ〜〜〜」 瞬間にでかいと^^ しかしラインは16ポンド! ロッドはミデアムヘビーのWハンドロッドです フックが外れない限りはバラシはしません 場所も狭いので少し強引に寄せてきました 「ジャ〜〜〜ン」 2011.7.22 前川ダム.JPG 前川ダムでは久しぶりにいいサイズです^^ 久しぶりなのでスケールを当てると 43センチ 「ちょっと嬉しかったのでもう一枚」 2011.7.22.JPG ここ最近では一番の大物かもしれませんね!! その後 このカバーの真横スレスレにハンドメイドのリップレスミノーをフルキャスト ちょっとでも軌道がぶれたら間違いなくルアーのロストです・・・ 一投目からアタリがガンガン しかしのりません・・・と思った瞬間にのりました^^ 30センチぐらい・・しかし針がかりが浅かったのか足元でポチャン まあ手元近くまで寄せたので 「いっか〜〜」 ハンドメイドのリップレスミノー 市販にリップレスミノーは数有りますが ほとんどがシンキングタイプ 自分が造ったルアーはフローティングのリップレスミノーです これだとかなり浅い所でも使えるので ソフトベイトでしか狙えなかったような所でもばんばんキャストできます。 それにここ最近かなり当たっています。 ルアーのハンドメイドが出来なくとも リップの折れたミノーがあれば 捨てずに リップレスミノーとして使ってみると意外な釣果があるかもしれませんよ^^ 使い方は ただ巻きでよれるような泳ぎをするのならOKです それだとただ巻きもOKですし 軽いトゥイッチをくれてダイブするようなら  トゥイッチングで曳けば立派なリップレスミノーとしてルアーがよみがえりますよ^^ ↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い Gremz ⇒ ゴミ分別

捜索願い!! そして引退??

企業の節電にて土曜日・日曜日が出勤となり 平日が休日 しかし、それでも15%の節電には届かず 休日が多くなっています!! それなりに大変な状況ではあるのですが・・・・ 「こんな機会は滅多になし・・・・^^」 釣りまくっています(笑) 今日7/26も休日となり、今朝には前川ダム(山形県上山市)へと釣りに出かけていました しかし・・・ブログに投稿するつもりの記事が山積・・・ 順に釣行記録をアップするつもりなので 今回は先週7月20日の釣行時の記事です。 釣り関係の記事は 検索にて入ってこられる方が多いので、 重ねて違う記事をアップしようとは思っています。 休日が多く あちらこちらと走り回っているので 書きたいことがたくさん(笑) 2011年7月20日 前日にも訪れた花森湖(山形県上山市)です 前日の釣行記事は    ↓  ↓ 「またまた、ラインブレーク!! そして菖蒲川ダム」 「前回の続きです。 またまた、ラインブレーク!! そして菖蒲川ダム」 最近花森湖のパターンが分かりもう少し突き詰めようかと 花森湖を選んだのですが 前日とは打って変わり かなりの強風・・・・ 当然と言うか、この日、西日本では台風六号が大変な被害を出していた日です。 それでも最初は得意の ラッキークラフト社のサミー85(ペンシルベイト) 釣り場に着いたのが午後の二時半ぐらいです、しかし自分の場合はほとんど時間に関係なくトップウォーターから始めます!! トップウォータでサーチすると ブラックバスの活性が一気に上がる事が多々あります! そんな意味もかねて最初にトップウォータルアーをチョイスします しかし・・ルアーの様子がおかしい・・・ (ーー;) 実は前回の釣行時もサミー85で釣った魚はいるのですが、その時も動きが変だったんです しかし 「トップウォータールアー(ペンシルベイト)の動きが悪くなるなんて有るはずがない」 そんな考えがよぎり、今回も前回に使っていたサミー85を使用 しかし、明らかにドッグウォークの動きがおかしい?? 見ると浮き角度も微妙に違います よくルアーを見ると腹部にかすかなヒビが入っています。 「こんな小さな傷で ペンシルベイトの動きが変わるなんてあるのだろうか?」 そう思うも明らかに動きが違います・・・ サミ−85は初心者でも簡単にドッグウォークが出来るルアーです。 それなのに自分の思うように動いてくれません    (ーー;) 考えてみればだいぶ以前からその傾向が有ったような気がします もしかしたら、トップでばらしまくっていた理由の一つがこれだったのかもしれません ハードルアーと言えど平気で陸地にキャストする自分なので (陸地にキャストして、陸地からから水に落とすのはバス釣りではかなり有効なキャストなので) ルアーの耐久性に限界が来ていたのかもしれません 「長い間、付き合ってくれたサミー85」 サミー85 引退.JPG フックによる擦れ傷や バスの攻撃による傷がたくさんついています もう使うことはないのですが フックを外してタックルケースの奥へとしまいました いつかタックルケースからこのルアーを出した時、その時々で釣れたバスの思い出がきっとよみがえります^^ そして、サミー85の変わりにと出したのがこれ 「自作ペンシル 7センチ」 ハンドメイド 7cmペンシル.JPG と・こ・ろ・が〜〜〜 どうやったのか自分でも分からないキャストミス???? いきなりラインが切れてルアーは彼方へ・・・・・ 実はこのペンシルベイトが捜査対象です(笑) 写真の通り黄変して見た目もかなり悪いです しかしこれは自分がルアーハンドメイドを始めた頃の初期の作品です。 奇跡的にこのルアーは、初期の作品にしてはかなり出来が良く 度重なる釣行でボロボロに傷ついていました それを修繕する為に再度コーティング!!   その結果が塗装の相性が悪かったのか、このように黄変してしまいました しかし動きはよく、数々のブラックバスを釣上げたルアーです! 今月もこれで40センチオーバーを一本とっています! まあ捜索といってもラインが切れルアーを見失った段階でそのルアーは諦めているんですけどね^^ もし花森湖で拾った方がいれば  「何、この汚いルアー?」 と思うかもしれませんが、一度でもドッグウォークを試してもらえればこのルアーの実力が分かると思うので使ってもらいたいですね^^ 手元に帰ってくればそれに越した事はないですけどね^^ もしそんな優しい方がいればコメ下さい^^ そして、この日は二本めのペンシルベイトまでを駄目にして 違うペンシルをと考えた頃には 波も荒くなってきました こうなってはペンシルベイトではすでにアピール不足 (少々の波なら サミー100クラスだと問題ないのですが) そこでポッパーの出番です!! 前回に「この状態でポッパーはない」と記事にしたばかりですが 波が荒く、水音の大きいこの状況ではポッパーやスイッシャーの出番です しかし、直線的にポッパーを使う事をほとんどしない自分です (よくビデオで見るような直線的なポッパーの使い方で釣れた事がほとんどないので) 自分の場合はポッパーもドッグウォークで使います ペンシルベイトに比べてかなりスローテンポなドッグウォーク 自分で意識しなくとも、この使い方だと時おりポップ音も奏でます! この使い方は、喰いの浅い時にはペンシルベイトより有効です! 「そしてすぐに出てきたのがこいつ」 2011.7.20 花森湖.JPG ポッパーに果敢にアタックしてきました^^ トップに出てくる魚は元気がいい〜〜^^ 「そして今回もやっと出ました40センチオーバー」 2011.7.20 花森湖にて.JPG 最近の花森湖のアベレージは35〜40センチ!! 最近のバスポンドではかなり条件が良いのかもしれません それと、真っ黒なバスを目視しました! もしかしたら・・・・  まだ生き残りがいたのかも(^。^) 最後に  サミー85 出撃.JPG 古いサミー85に変わり 新しいサミー85 出撃です^^ これもたくさんの良い思い出を作ってくれる事でしょう〜〜 ↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い Gremz ⇒ ゴミ分別

どんでん平 ゆり園 続き 

山形県飯豊町 「どんでん平 ゆり園」から前回の続きです! 今朝 7/25 は、またもや涼しいです!! 先日にやっと夏がぶり返したような天気と気温でしたが・・・ 「このまま秋になるのでは」 そんな気配が漂っています。 涼しくていいですけどね(笑) さて前回の記事にしました 「どんでん平 ゆり園」もう少し詳しい情報も書きたいのですが、なにぶんにもユリの見ごろが終わり 閉園・・・ 閉園といっても、「入場料を取ってユリを見せる時期が終わった」だけで 潰れたわけでは有りませんよ(笑) そして無料開放になっているのを知らずに観に行き少し得した気分(笑) (20日ごろまでは入場料を取っていたはずだと思います) 但し、開園中だと開いているはずの売店が開いていません それに開園中だと入場券やパンフレットも有りもう少し詳しい情報も書けたのかも知れませんが・・・ 以前に来たときのパンフレットなどある筈もないし(笑) まあ以前より少し広くなったような気もします! それと子供の遊具なども以前はなかったと記憶しています それと、ゆり園の周り・・・ 山の中にもユリの花がたくさん有りました^^ 雑草に混じって生えていたので自然に増えたのでしょうかね? この日は曇り空・・・そしてコンデジ 写真を撮るのにはイマイチ・・・腕の良い人ならそれでも綺麗な写真を撮るのでしょうがそんな腕もなしです(笑) ゆり園での写真もたくさん有るので載せておきます^^ yuri 2.JPG 写真自体も前回のものよりアップが多いです(笑) yuri 1.JPG yuri3.JPG yuri4.JPG 名前が分かると良かったのですが、それらしき看板は有るものの数種類が一緒に植えられてある所が多く 自分には判別できませんでしたので、あえて名前を記しては来ませんでした!   一つだけ 「イエローリッチ」と名前だけ覚えています^^ もしかしたら写真のこの黄色いユリが・・・・? 確かにリッチな立ち姿ですが(笑) ゆり園のなかには 自然を模した小川が流れ (写真もあるのですが ブログ内限度枚数なのでアップしません) 小川の中には がまの穂が揺らめき 昔の日本の小川をイメージしたのでしょうか そしてそのほとりには紫陽花やその他の花々が植えられていました 名前を知らないので写真だけ(笑) 「私とダイスキなコ日記」の紫音さんに教えてもらいました 「アガパンサス」だそうです^^ DSCF0917.JPG 「暮らし*エンジョイ」のたえさんに教えてもらいました 「ルピナス」 DSCF0918.JPG DSCF0919.JPG この他にもいろんな花々が見られましたよ! そして園内の所々に ベンチのある休憩所も設けられていますので、散歩がてらにノンビリと歩けるようになっていました^^ いつまで無料開放しているのか分かりませんので 電話ででも聞いてから出かけられたほうがいいかも知れませんね! (雰囲気的にはユリの見ごろ以外一年中なのかも?) そして近くには 「ベゴニアの花 無料ですのでご自由に観覧ください」 看板のある大きなハウスがありました! 自分は入りませんでしたが、好きな方ならいいと思いますよ^^ ↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い Gremz ⇒ 地球温暖化

どんでん平 ゆり園 (山形県飯豊町)

すでに秋に入ったかと思われるような気候の山形です ゆり園のゆりが見ごろとニュースに流れていたので、ゆり園のゆりを観に行きたかったのですが・・・ ちょうど見ごろの時には仕事で行けませんでした ハッと気付いたら 7月もあと少し 「ゆりの見ごろが終わってしまう」 平日に行けばそれ程は混んでいないだろうと車を走らせました^^ めざすは山形県飯豊町(いいでまち)「どんでん平 ゆり園」です 飯豊町は山形の中でも置賜地方と呼ばれる地域です 飯豊町へ行くのは一年ぶりぐらいですかね〜 今回ビックリしたのは いつの間にか道路が便利になった事! 南陽市のほぼ全域ですかね いつの間にか国道113号線のバイパスが出来ており そのバイパス区間がすべて制限速度70キロ・・・!! 山形から行くと 米沢〜南陽道路(高速道路) の入り口を横目に右に折れて入る道路なので 「いつの間にかここも高速??? しかし高速のゲートはなかったはず・・・?」 国道113号線の標識を目にするまで疑心暗鬼でした(笑) この新しくなった国道のおかげで予定よりかなり早く飯豊町につくことが出来ました^^ 最初に向ったのは飯豊町の道の駅です これは次回にでも紹介するとして 「どんでん平 ゆり園」 です ゆり 1.JPG 駐車場に付くと出迎えてくれる「どんでん平 ゆり園」のマーク どんでん平 ゆり園.JPG しかし駐車場に着いたら 車が少ない・・・・ いくら平日でも少なすぎる・・・・ 入り口玄関へと歩き始めると、数人程度のグループが数グループいるだけ?? 玄関についたら 「すでに見ごろを終えたため 無料開放」とのチラシが しかし、最初にある写真のような綺麗なゆりの花は見えています 玄関をくぐると ゆりの花々がすぐに出迎えてくれました^^ まずはゆり園の中のこの景色 ゆり 2.JPG 見ごろを終えまばらになったとは言え この広さにゆりの花がたくさんです 実はゆりの花を室内に飾られるのが嫌いなんです! 花の香りが強すぎてちょっと苦手なんです しかしここは屋外^^ あたり一面 ゆりの香りに満ちています 風が結構強かったんですよ! それでもあたり一面、ゆりの香が漂っています もしかしたら、体の隅々に沁み込むのではと思うほどです^^ まず目をひいたのが 赤い百合 ゆり 4.JPG 見事でしょう〜〜 そして白百合 ゆり 3.JPG 同じ種類の白百合かと思えば この写真の中だけでも数種類の百合があるようです そして 黄色の百合 ゆり 5.JPG さいごに ゆり 6.JPG 百合好きの方にはたまらないのではないでしょうか^^ 写真をたくさん撮ってきたので次回ももう少し 百合の花をアップします 記事の順番を変えたのですが、 飯豊 どんでん平 ゆり園  見ごろを終えたとは言え まだまだ蕾の百合もたくさん有りました! 明日は日曜日 今アップしておけば観に行かれる方もいるかと思って 先にアップしてみました! それに入園料は無料ですし ノンビリと百合の花に囲まれるのもいいですよ^^ (売店等は閉まっていますので 食べ物・飲み物等は持ち込んだほうがいいと思います) ↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い Gremz ⇒ 酸性雨

夕焼け〜花森湖(山形県上山市)から望む

今朝は寒かったです・・・ 先日7/21日の山形はかなり気温が低く 7月後半の気温として  雨も降っていないのにこれほど低かったのはちょっと記憶にないぐらいです! (記事を書いている今も、窓やドアを閉め部屋を閉め切っているのにそれでも肌寒いぐらいなんですよ!!) 台風六号が西日本をおそっていた7月19日 山形は台風での影響もほとんどなく、一日中晴れ間が広がっていました 風はいつもより強かったですが、その程度でした。 この日台風の影響のなかった地方の方達なんでしょうね^^ 数多くの夕焼けの写真を見ました そして7月19日の同じ日 早朝に釣りに行き、 日の登った釣れない時間帯は家に帰り そして 夕方にまた釣り場へと車を走らせた自分でした(笑) (夕方の釣果報告はいずれ・・・「もういらない」・・・まあそう言わずに(笑)) 何匹かの魚も釣り そろそろ終わりにしようと車に戻ったら ちょうど陽が落ちたところでした! 山形の空も夕焼けが広がっていたんですよ! お空の写真って 一瞬なんですよね〜 「綺麗だな〜」と思い写真を撮ろうと 安全な所に車を停めて数分後! この時には全く違う空になっている・・・そんな事がよくある自分です タイミングも良く更に場所的にも花森湖のダムサイトは展望するのにはとてもよい場所です。 数分の間に数枚の写真を撮りました 撮っていた時は、自分が見ている光景とデジカメに写し出される光景の違いが気に入らず それで何枚か撮ったのですが 夕焼けの一瞬の移り変わりが分かるかと思います^^ 「日没〜花森湖から」 2011.7.19 日没.JPG 「そして夕焼け〜」 夕焼け 1.JPG 夕焼け 2.JPG 夕焼け 3.JPG 夕焼け 4.JPG 確かに毒々しいぐらいに染まった夕焼けで ちょっと気持ち悪いぐらいの空ではあったのですが やはり自分が見ている光景と デジカメの映像にギャップが・・・・  (ーー;) 最後に試しに携帯で撮ってみました 「携帯から花森湖の夕焼け」 2011.7.19夕焼け 携帯にて.JPG 一番綺麗に写ってはいます^^ し・か・し・・・・違う  (ーー;) 実際は デジカメの写真と携帯の写真の中間ぐらいかな〜〜!! デジイチだと 見たままの光景が撮れるのでしょうかね〜〜?? ↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い Gremz ⇒ エコマーク 

前回の続きです。 またまた、ラインブレーク!! そして菖蒲川ダム

前回の続きです でかいバスをばらして以降アタリも遠のき・・・ 時おり一瞬だけ雨が降ったかと思えば 妙に生暖かい強い風が吹き荒れます!! 台風6号の影響なのでしょうか? 風や雨は嫌でもないのですが 雷が怖い!! 先日も暫く雷がなっていたんです こんな所で雷がなり始めた日には カーボンロッドを数本持ち「落ちてきなさい」と言わんばかりですから(笑) 隠れる所が何にもないので、雷が来た日には直撃間違いなし(笑) 時間も早いのですが「花森湖」を引き上げることに そして、以前から気になっている「菖蒲川ダム」へと車の進路を向けました 「菖蒲川ダム」 菖蒲川ダム.JPG かなり以前からブラックバスはいました! そして「菖蒲ダムにブラックバスがいるよ」との話を聞き (正式名称は菖蒲川ダムですが、地元では菖蒲ダムと呼びます) 暫くぶりで育った故郷に近い菖蒲ダムを訪れた時 菖蒲ダムは渇水していたんです! それ以降に釣りで訪れる事は有りませんでした それからかなりの年月が経つのですが、また去年に 「菖蒲ダムで良い型のブラックバスが上がっている」 との話を聞いたのです しかし、それは冬も間近に迫った日のことでした 山間にある「菖蒲ダム」に訪れはしたものの、すでに越冬に入ったのかブラックバスどころか 魚の生命反応すら感じられないような状態でした! 何度かキャストしたものの早々に引き上げたのが去年の暮れです 今回釣りをしてみて最初に感想から言うと 「菖蒲ダムはバスフィッシングをするのには面白くない。」  (ーー;) 見渡すとブラックバスが着きそうなポイントは数多く有ります・・・・ しかし、入る事ができません! 以前・・・といっても数十年前(笑) 鯉釣りでこの菖蒲ダムに通った事が有る自分ですので 予想はついていました! ダムの周りの傾斜がきつくてポイントに入るのが困難どころか入れないんです! 仮に入ったとしても、ポイントを次々に攻めていくバスフィッシングですから ポイントを移動するだけでもかなりの時間を要します 尤も これから減水してダムの水位が半分ほどになれば状況は変わるかもしれません 現在は、ほぼ満水です! 「ダムの最上流域だと、どうかな?」 思いは有りましたが、あえて行きたいとも思いませんでした・・・・ と言うのは 菖蒲ダムについての第一投目です 降り立った場所でここが一番と思われるスポットの奥の奥にキャスト かなり良い所に入った^^ すぐに・・・・・(ーー;) 多分捨てられたラインが蜘蛛の巣状になっているのだと思います 木の上を見ると 枝にまでラインが絡まっています おまけに木の枝に「ハードルアー」がなっています(笑) 「オカッパリで入れる所は全てこの状態なのかな?」 そう思うとあえて上流へ行ってみようとは思いませんでした・・・ せっかく来たので 「一匹だけでも釣りたい」 「菖蒲ダムでの初バス」 2011年7月19日 菖蒲ダムでの初バス.JPG 20cmぐらいの小バスいじめ やっちゃいました〜〜 けれど、菖蒲ダムで始めて釣ったブラックバスです^^ 以前・・・と言っても数十年前(二回目(笑)) 鯉釣りで菖蒲ダムに通っていた頃  13号のラインを切られた事が有るんですよ その事を懐かしく思い出しました 磯の上物用の竿に大型のベイトリール それにラインが13号で大鯉を狙いだしてから 数週間め 始めて当たった大鯉がなんとメーターオーバー   (@_@;) 手元から磯竿をへし曲げられ 何も出来ずに 「バッチン〜〜〜〜〜」 懐かしい思い出のある菖蒲ダムでした^^ ↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い Gremz ⇒ 食物連鎖

またまた、ラインブレーク!! そして菖蒲川ダム

久しぶりの休日のような気がします^^ 夏場には熱所となる我が職場にて、数日前から体力の限界 仕事自体はたいしたことが無いのですが熱でドンドン体力が奪われて、ここ数日は帰宅するとすぐに就寝 ブログ訪問やブログ更新も出来ずに ひたすら寝ていました(笑) その間には「なでしこJAPAN 優勝」  快挙です^^ なでしこJAPANの佐々木監督が山形出身(山形県尾花沢市)と言うことで 地元山形では選手以上ではと思うほどに取り上げられていました^^ 1958年生まれ・・・何気に同い年です (^_^;) いきなり結論から今朝は釣りに行っていました(笑) そして帰宅後すぐにパソコンの電源を入れ 更にテレビのスイッチを入れ ニュースを見ながらです・・・国会中継 またもや管直人総理大臣の退陣問題だけで終わるような馬鹿な国会審議かと横目でチラリ ちょうど山形県選出の国会議員の近藤洋介氏の答弁 と思いきや 答えるは同じ山形県選出の鹿野道彦 - 農林水産大臣です・・・・ 両議員とも 山形県でも最南端の米沢市出身です。 そして審議の内容はと言うと  簡略すると 「米沢牛は汚染されていませんよ!」 と、いかにも同じ米沢出身の国会議員が示し合わせたかのような審議でした(笑) 示し合わせたかのような 示し合わせたんだろうな〜〜(笑) 米沢市は福島県との県境ですから 米沢牛を飼育する農家にとっては死活問題ですしね!! そんなことも関係なしに早朝の四時には目が覚めたものですから・・・・ 釣りに行く予定はなかったのですが、起きちゃったので(笑) 予定もないので、前回に良い思いをした花森湖へと車を向けました^^ 「花森湖」 2011年7月19日 花森湖.JPG 前回より更に減水・・・満水時にアウトレットとなる排水路の周囲が地上となりました 花森湖はここからが面白くなります^^ 今日は一投目のワンアクションに出て来ました^^ 釣り場について一投目に出てくることはよくあります ルアーは得意の サミー85 け・れ・ど・・・・・ やっちゃいました〜〜 軽くきいたつもりが ルアーに魚の重みがのらないまま一メートルほど移動・・・・  (ーー;) 慌てずにドッグウォークを続けるも再度出てきてはくれませんでした・・ 減水の為に前回に良い思いをしたポイントがかなり浅くなっています!! 見ると 鯉が数匹・・・・・!! 前回、ラインを切った犯人はきっと鯉だったんだろうとこの時は思いました バスアングラーといえど プラッガーを自認する自分ですから、前回の入れ食いパターンは分かっているけれど・・・・・ サーチベイトとしてのペンシルベイトやミノーによるサーチ 最初の一投目にアタリ、そしてミノーにもアタック しかしこれもアタリだけでのりません・・・・ ボウズは嫌なので、前回のパターンで何匹か釣ってから遊ぼうかとルアー&ロッドチェンジです。 今回もすぐに出て来ました^^ これ花森湖のほかの場所でも同じようなパターンを見つけられれば またもや爆釣間違いなしです!! 「最初は38センチぐらいかな?」 2011年7月19日 花森湖にて.JPG 「そして数投目に40センチジャスト」 DSCF0854.JPG 「そして」 DSCF0855.JPG 40センチ前後のブラックバスが面白いようにアタック 数匹のブラックバスを釣った所でまたもや 「キリ・・キリ・・キリ・キリ・キリ・キリキリキリキリキリキリ・・・・」 何とか最初の引き込みを耐えて数回リールのハンドルを巻くとまたもや 「キリ・キリキリキリキリキリキリ」 ロッドを根元までも締め込み抵抗します 「デカいぞ〜!! 鯉かな???」 何度かコレを繰り返し魚体が見えてきました!! 「ワ〜オ デカイ!!」 思わず声に出しました!! しかもブラックバス!! まだ水中ですが、自分から見える魚体は50センチは楽に越えています!! 「前回もこいつか〜〜?」 ふとそんな思いが頭をよぎります そして、減水した事で底に沈んでいるコンクリートの壁の角が見えています・・・ 「あそこに行かれたらまずいな!!」 そう思うも魚を寄せてくると必ずその場所を通ります・・・・ 予感的中でした・・・・・・ すでに魚体が見える位置でファイト 思ったとおりにそのデカイ ブラックバスはコンクリートの壁の向こうに逃げ込もうとしています。 見えているので何とか向きを変えようとロッドを立てるも 最後の抵抗なのかまだまだ余裕があったのか 一瞬でロッドを根元までも絞込み  リールのドラッグ音がけたたましくなるも  「まだ大丈夫」 思った瞬間です! 急にラインのテンションが途切れました・・・・ あげていれば久しぶりの50センチオーバーだったのにな〜〜  (ーー;) 長くなったので次回へ続く ↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い Gremz ⇒ エコマーク