FC2ブログ

趣味人 はやちゃんの日記

趣味のハンドメイドルアー・そしてルアーフィッシングに始まり。バイクに車に多趣味な日常をつづっています。

山形の日本酒 初孫 雪恋花&十四代

雪国・山形は「酒造りに最適な条件を整えている」と山形県内の各酒造所の杜氏が言うように

冬の厳しい寒さが酒造りに影響を及ぼす悪い雑菌の繁殖を防ぐ効果が有り 雪国の自然環境が美味しい日本酒を育む環境にあるのだそうです

山形の各酒造所の努力の結果もあり 


全国新酒鑑評会 県別ランキング 

金賞獲得数ベスト3入り連続7年


海外でも人気が高く 日本酒特集を組んだサンフランシスコにては


「山形の酒はもっともエキサイティング」


と紹介されたようです。

しかし、「日本酒はどうも・・・・」と言われる方が多いのも事実

そんな方や女性の方はこんなお酒から試してみては

初孫 雪恋花

初孫 雪恋花.JPG

東北銘醸株式会社 「初孫」「雪恋花」(ユキコイバナ)です。

炭酸微発泡でアルコール分も弱めの日本酒です

最初から女性をターゲットにしたようで ネーミングもデザインも可愛い日本酒です。


ちょっと贅沢にと言う方は

山形の地酒と言ったらイメージはこれですかね!




「十四代」

十四代.JPG

なかなか手に入りにくく 見つけたとしても正規の値段で売っている事が少ないようですが・・・

自分としては日本酒ぽくないような気がするのですが

飲み口はすっきり女性や日本酒は苦手と言う方に試してもらいたいお酒です!






 山形県村山市 高木酒造株式会社の十四代です。





↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

スポンサーサイト



密偵

今週は忙しくてパソコンも開けない状況が続き

やっと久しぶりに開いたら Seesaaブログがメンテナンスで使えなかったりと久しぶりの更新です  (^_^;)

ブログを休んでいる間に多数のコメントを頂きありがとうございます

  m(__)m

ここ最近の山形はと言うと、めっきり暖かくなり春の気配を感じるこの頃

小鳥のさえずりも、どこか嬉しそうに聴こえます  (^。^)

蔵王の山もずいぶんと地肌が見えてきました


蔵王山

蔵王山.JPG 

携帯にて写りが悪いですが奥に見えるのが蔵王山です。

天気もよかったのですが 携帯にてはこれが精一杯です。


ここからが本題のタイトルの密偵です  (^。^)

密偵と言うと昔のスパイの事ですが 仕事の合間に面白い話を聞きました!

有名な南部鉄器が山形と関わっていたというのです。


南部鉄器 

南部鉄器の鉄瓶.JPG

自分も好きで南部鉄器の鉄瓶を使用しています。

東北では昔から 岩手県と山形県が鋳物の産地として有名です

鋳物って何? と言う方もおられるでしょう

鋳物とは簡単に言うと砂と粘土で作った型にドロドロに溶かした鉄を流し込み 形にするという何千年も前からある金属の造形の手法とでも言いましょうか 

車好きの自分としてはすぐに思い浮かぶのがエンジンのシリンダーブロックなのですが 音を吸収する鋳物の性質にエンジンのシリンダーは理にかなった材料なんです!

軽量化の昨今 アルミ製のシリンダーブロックが普及し始めアルミではエンジン本体から漏れる騒音をどう制御するかが各メーカーの技術の見せ所らしいですが・・・

しかし、簡単に何処でも原材料が手に入る現代とは違い昔は鋳物を作るための地理的条件が有りました

その条件に当てはまるのが現在の山形市と岩手県(昔の南部藩)のようです。

先に鋳物を始めたのが山形のようで時代劇などでよく出てくる「門外不出の技法」 犯したものは死罪と言われるような当時としては山形独自の物だったようです。

それを鋳物を造るのに山形と同じ地理的条件のある(鋳物の型を造るための砂が取れる川があり 更に鋳物の材料となる砂鉄が取れるところ)南部藩がこれに目をつけ山形鋳物の技法を盗みに密偵を放ち見事に山形鋳物の技法を盗み 南部藩に持ち帰り 今の南部鉄器の始まりとなったそうです

南部鉄器は有名なので自分も好きですが始まりが山形に有ったという話を思いがけない所で聞いてビックリして帰ってきたんです。

   (^。^)


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い