趣味人 はやちゃんの日記

趣味のハンドメイドルアー・そしてルアーフィッシングに始まり。バイクに車に多趣味な日常をつづっています。

日本酒の雑学

今日も山形の地酒を飲みながらの投稿です ^^

今日は山形県酒田市の東北銘醸株式会社 の「酒王 初孫」の本醸造酒です^^

甘口のお酒なので熱燗で美味しいお酒です。

日本酒は吟醸酒が好きなので冷やで飲むことが多いのですが・・・

お燗と言うと 「ぬる燗」や「熱燗」と言うのが思い浮かぶと思います。

日本酒はどんな温度でも美味しく呑める唯一のお酒だそうで、この温度の違いで呼び名がだいぶ違うと言う事を知っていますか?

冷やと言ってもいろいろとあります!

冷たい方から


雪冷え   5度前後で氷水にて充分に冷やしたお酒

花冷え   10度前後で冷蔵庫に数時間入れたお酒

涼冷え   15度前後で冷蔵庫からだしちょっと時間をおいたお酒

ここまでが冷や酒と呼ばれるようです。

日向燗   30度前後でまあ常温ですかね

人肌燗   36度前後まあ人肌の温度です

ぬる燗   40度前後で熱さの感じない体温よりちょっと高め

上燗    45度前後で注ぐと少し湯気が見えるぐらい

熱燗    50度前後で徳利から湯気が立ち始める

飛び切り燗 55度以上で徳利を持った瞬間に熱いと思うような温度 


冷やも何種類 お燗も何種類かに分けられるようです。

日本酒は温める程に苦味や塩味が薄くなる特徴があるのだそうです。

その為に美味しいくなると言うより、嫌と感じる成分が弱まる傾向にあるのだそうです。

日本酒は温める程に容積が増えるのでお燗の達人は

このお酒の増え方でどの程度の燗になっているかわかるそうです!


寒い時は 熱燗で キュウ~~~~ですよね~


   (^。^) 



↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

山形の日本酒 初孫 雪恋花&十四代

雪国・山形は「酒造りに最適な条件を整えている」と山形県内の各酒造所の杜氏が言うように

冬の厳しい寒さが酒造りに影響を及ぼす悪い雑菌の繁殖を防ぐ効果が有り 雪国の自然環境が美味しい日本酒を育む環境にあるのだそうです

山形の各酒造所の努力の結果もあり 


全国新酒鑑評会 県別ランキング 

金賞獲得数ベスト3入り連続7年


海外でも人気が高く 日本酒特集を組んだサンフランシスコにては


「山形の酒はもっともエキサイティング」


と紹介されたようです。

しかし、「日本酒はどうも・・・・」と言われる方が多いのも事実

そんな方や女性の方はこんなお酒から試してみては

初孫 雪恋花

初孫 雪恋花.JPG

東北銘醸株式会社 「初孫」「雪恋花」(ユキコイバナ)です。

炭酸微発泡でアルコール分も弱めの日本酒です

最初から女性をターゲットにしたようで ネーミングもデザインも可愛い日本酒です。


ちょっと贅沢にと言う方は

山形の地酒と言ったらイメージはこれですかね!




「十四代」

十四代.JPG

なかなか手に入りにくく 見つけたとしても正規の値段で売っている事が少ないようですが・・・

自分としては日本酒ぽくないような気がするのですが

飲み口はすっきり女性や日本酒は苦手と言う方に試してもらいたいお酒です!






 山形県村山市 高木酒造株式会社の十四代です。





↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

密偵

今週は忙しくてパソコンも開けない状況が続き

やっと久しぶりに開いたら Seesaaブログがメンテナンスで使えなかったりと久しぶりの更新です  (^_^;)

ブログを休んでいる間に多数のコメントを頂きありがとうございます

  m(__)m

ここ最近の山形はと言うと、めっきり暖かくなり春の気配を感じるこの頃

小鳥のさえずりも、どこか嬉しそうに聴こえます  (^。^)

蔵王の山もずいぶんと地肌が見えてきました


蔵王山

蔵王山.JPG 

携帯にて写りが悪いですが奥に見えるのが蔵王山です。

天気もよかったのですが 携帯にてはこれが精一杯です。


ここからが本題のタイトルの密偵です  (^。^)

密偵と言うと昔のスパイの事ですが 仕事の合間に面白い話を聞きました!

有名な南部鉄器が山形と関わっていたというのです。


南部鉄器 

南部鉄器の鉄瓶.JPG

自分も好きで南部鉄器の鉄瓶を使用しています。

東北では昔から 岩手県と山形県が鋳物の産地として有名です

鋳物って何? と言う方もおられるでしょう

鋳物とは簡単に言うと砂と粘土で作った型にドロドロに溶かした鉄を流し込み 形にするという何千年も前からある金属の造形の手法とでも言いましょうか 

車好きの自分としてはすぐに思い浮かぶのがエンジンのシリンダーブロックなのですが 音を吸収する鋳物の性質にエンジンのシリンダーは理にかなった材料なんです!

軽量化の昨今 アルミ製のシリンダーブロックが普及し始めアルミではエンジン本体から漏れる騒音をどう制御するかが各メーカーの技術の見せ所らしいですが・・・

しかし、簡単に何処でも原材料が手に入る現代とは違い昔は鋳物を作るための地理的条件が有りました

その条件に当てはまるのが現在の山形市と岩手県(昔の南部藩)のようです。

先に鋳物を始めたのが山形のようで時代劇などでよく出てくる「門外不出の技法」 犯したものは死罪と言われるような当時としては山形独自の物だったようです。

それを鋳物を造るのに山形と同じ地理的条件のある(鋳物の型を造るための砂が取れる川があり 更に鋳物の材料となる砂鉄が取れるところ)南部藩がこれに目をつけ山形鋳物の技法を盗みに密偵を放ち見事に山形鋳物の技法を盗み 南部藩に持ち帰り 今の南部鉄器の始まりとなったそうです

南部鉄器は有名なので自分も好きですが始まりが山形に有ったという話を思いがけない所で聞いてビックリして帰ってきたんです。

   (^。^)


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

たまには・・・

いつもは日本酒(山形の地酒)を片手にパソコンをいじるのが日課

しかし、こんな時もあります

YEBISU BEER
BEEYEBISU BEER.JPG

いつも、日本酒ばかり呑んでいる訳では有りませんよ(笑)

お酒は何でも好きですけどね^^
(お医者様には止められているので周りがうるさくそれ程は呑めませんが…(ーー;))

これ安かったんです!

最初に見たときなんで恵比寿が・・・?

すぐに分かりました!

お歳暮&年始用だったようで ばらした箱が隣に山積になっていました!

これはラッキーと 適当に買い物かごにぶち込んだので何本買ったかも分からず(笑)

いつも山形の地酒が日課の自分

たまに呑むビールは美味しい~~  (^・^)

そして、お昼に行ったYBC おいしいものフェア 2010 にて末娘が買ってきた


山形県最上郡舟形町の舞茸のおこわ
山形県舟形町舞茸のおこわ.JPG
このおこわが絶品  (*^_^*)

見た目は写真のとおり・・・そんなには(ごめんなさい m(__)m)

市販の物って見た目を重視する為に 後から別に舞茸を入れて有るようですが、これは最初から一緒に炊き込んであって

絶品 美味しいです


お袋が作った炊き込みご飯のようです!


見栄えが悪くとも美味しい物は美味しいです

         (^・^)


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

山形情報 YBC おいしいものフェア 2010 Part 2

先日は、YBC おいしいものフェア 2010  には行けず、今日行ってきました!

本当は日曜日の混雑は、目に見えていたので日曜日は避けたかったのですが・・・

会場周辺の渋滞
渋滞.JPG

大通りの渋滞は予想できたので、裏どうりから会場へと近づきました!

会場周辺は結構詳しいので、普通は通らないであろう所をSUVの利点を生かし 大幅にカット(笑)

しかし、後 少しと言うところでこの状態

実は国道を下りたところで渋滞は始まっていたので予想は出来ました

それで、会場の裏側から入ろうとしたのですが正面玄関入り口以外は全てシャットアウト!

正面玄関までの数百メートルがカットする場所もなく仕方なしに渋滞の中です。

最初に

山形県ゆきちから鳥中華
鳥中華.JPG

末娘が「このラーメンは今しか食べられないんだよ!」の言葉に何故かラーメンから(笑)

これが美味しくて大正解 !

ほら、おいしいもの満載の会場にいて ある程度お腹が膨れた状態の方が余計なものを買うこともなく・・・・(笑)

しかも、こういうイベントの会場の中にあって一杯五百円でした

  (@_@;)

末娘に感謝です(笑)

そして次に 山形県鶴岡市の有名レストラン「アル・ケッチャーノ」

つや姫のリゾット」が欲しくて・・・・^^

予想は出来たものの凄い行列 (ーー;)

並ぶ事が大嫌いな自分にとってかなりの苦痛  (ーー;)

日頃から

「行列の出来る店なんて行きたくもない」

と豪語している自分

娘達の予想どうりに 食べたいけれどスルー(笑)

もう一つ 食べたいと思っていた

生麩のみたらし団子
生麩のだんご.JPG

こちらはほとんど並ぶ事もなく、すぐに買えました!

「持ち帰りで・・」といったら串を抜かれ たこ焼きみたいになっていますけど だんごです(笑)

大きさは・・・・たこ焼き程度です  (*^_^*)

お酒も有り 試飲もあったのですが 車なので・・・(ーー;)

帰りに留守番のおふくろと息子にお土産と



桜あんのだんご
桜あんのだんご.JPG

ん、!! だんごばかりだって

  (*^_^*)

本当は、山形の漬物をと思ったのですが

漬物は  高い


やはり、有名所は長蛇の列

それにもめげない娘達は あちらこちらと動き回っていたようですが

  (ーー;)

自分としては 興味の有る所が 全て長蛇の列なのでギブでした!

明日も開催しているので 明日、時間の取れる方は出かけてみては^^

YBC おいしいものフェア 2010 


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

山形情報 YBC おいしいものフェア 2010

久しぶりの連休です。  (^。^)

若いつもりでいるのですが、疲れがなかなか取れなくなった今日この頃

   (ーー;)

一日目はのんびりと 冬季五輪でも見て過ごそうかと・・・・


し・か・し・・・・!


ありました! 山形県山形市ビッグウイングにて


YBC おいしいものフェア 2010 

二月二十日~二月二十二日の3日間 開催

山形県内の有名各店はもちろん南は沖縄、北は北海道まで

スイーツからラーメンまで 

山形県鶴岡市の有名レストラン「アル・ケッチャーノ」の奥田シェフも・・・

山形県で来年から販売されるお米「つや姫」をつかった

「アサリと柚子の、つや姫リゾット」海外の三ツ星シェフも絶賛だったリゾットが出品

つや姫の情報は→ つや姫

ちょっと見ただけでも秋田県横手市の「横手焼きそば」~長崎県の「佐世保バーガ」と

食べてみたいものが結構集まっているようです。

今日の山形は雪が舞っていますが、さほど交通状態に影響はないと思います

近郊の方は出かけてみてはどうでしょうか?

今日は パパイヤ鈴木が来ているようです

生の「マイウ~」が聞けるかもよ

   (^。^)

詳細は→  YBC おいしいものフェア 2010


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

出羽桜 春の淡雪

今日は久しぶりの休日です!^^

一月に入りトンと忙しくなった所へ仕事の相棒が 足を骨折する大怪我

    (ーー;)

やっとの休みなので今日はちょいと深酒です。  (^。^)


山形県天童市出羽桜酒造
「春の淡雪」

出羽桜酒造 春の淡雪.JPG

山形県天童市 言わずと知れた将棋の町です

今日はこの天童市出羽桜酒造の「春の淡雪」です。

ちょい辛口のスッキリとした 本生のおり酒です。

正直、スッキリとした日本酒はあまり好みではないのですが・・・

お店に行ったら 新酒のしぼりたての表示

しかも、最後の一本  !

迷わず買ってしまいました  (^。^)

ラベルの説明によれば


出羽桜 本生おり酒

春の淡雪 
 しぼりたて

昔、親しまれた霞のような「おり酒」

歴史のかなたから帰ってきた。

みちのくの浅い春は

雪どけのかすみのなかに淡くとけて

時折ちらつく雪も

もうかすか


加熱殺菌処理をせず氷点下にて貯蔵された生酒です。


こうあります^^

毎回ですけれど 生酒は特に好きなんです (^。^)

この出羽桜酒造は 世界のコンクールに出品した日本酒が

SAKE部門で世界一にもなっています。

詳しくはホームページにて


出羽桜酒造株式会社
http://www.dewazakura.co.jp/


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

じつは、両刀使いなんです

自分は、俗に言う「両刀使い」です!

自分がまだ若く 毎日のように飲み歩いていた頃の話です。

場所は山形県でも一番賑わう繁華街 山形市七日町の一角です。

初めて入った時から凄く気に入ったスナックでした。

お店のメニューが所せましと店内に貼ってありました


「鯨の丸焼き 本日 売り切れ」


「ライオンのステーキ 

今、ライオンを獲りに行っています」



と、こんな感じのメニューが盛りだくさん(笑)

ユーモア満載のマスターでした!

このマスター 大の甘党

この日もマスターのお土産に 

常連のお客さんがマンジュウを一箱 

そこへ、最近に通い始めた若かりし頃の自分たちのグループが来店



「いらっしゃい^^」 


と言いつつ、ある悪巧みがマスターの脳裏に・・・

自分たちの嫌がる姿を見たいという思いが・・・・

そしてさも自然そうに もらい物のマンジュウを お通しとしてテーブルに・・・・

それもごく自然に置きカウンターの中へと一度は消えました

マンジュウを出された自分たちはと言うと

自分のブログによく来てくださる方は分かると思います。

実は、日本酒が大好き

けれど、甘いものも大好き いわゆる「両刀使い」と言うやつです  

   (^。^)

そして、その時のメンバーがみな両刀使い(笑)

出てきたマンジュウをさも普通に食べ始め、ついでに何個か帰りのおやつにポケットに・・・(笑)

あっという間に お皿は空

そんな事も知らずに(酒の席でマンジュウなど食うわけがない)と思い込んでいるマスターがニヤニヤしながら自分たちのテーブルに・・・

  (@_@;)

「全部食べたの!!!!」

「まだ一個も食べていないのに」   

    (-_-;)


可哀想に思った自分の連れがポケットの中のマンジュウをあげました  
マスターは何とか一個だけマンジュウを食べる事が出来ました!

そして、自分たちははしごで入った二件目のスナックでポケットのマンジュウを頬張りながら・・・・(笑)

マスターの自業自得と言う事で・・・・


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

さくらんぼの漬物

やりましたね! 山形県山形市出身の加藤条治選手 日本初メダルです。



         \(^o^)/


加藤選手の山形市の実家が自分の家からも近いので 嬉しいですね~!



「さくらんぼの漬物」

さくらんぼの梅漬け.JPG


さくらんぼの漬物を知っていますか?

写真のさくらんぼは缶詰じゃありませんよ!

「さくらんぼの漬物」です。

正確には梅干と一緒に漬け込んだもので、赤いのは梅干の色がうつったんです。

山形のさくらんぼと言えば「佐藤錦」が有名です

しかし、「佐藤錦」では漬物には適しません

「ナポレオン」と言う種類のさくらんぼが漬物によく使われるようです。

この「ナポレオン」美味しいのですが、悪いことに 最盛期が「佐藤錦」より、少し遅いんです。

味も「佐藤錦」より酸味が少し強く

その為に、値段を叩かれる事が多いようで 出荷をやめるなんて農家も有るようなんです。

しかし、「佐藤錦」より果実も大きく硬さも有り

自分は好きなんですけどね!

この「ナポレオン」を熟す前の青いうちにもいでしまい 塩漬けします

そして、余分な水分の抜けたものを梅干と一緒に漬けるんです。

梅干と一緒に漬けてはあるのですが、元がさくらんぼ

梅干より酸味が少なくて、ず~~~~っとマイルド

梅干は苦手だけど

一緒に漬けてある 

「さくらんぼ」だけは大好きという方も多いんですよ。

元々は、さくらんぼ農家だけの食べ物でした

最近は店頭販売もあるようです。


梅干のダメなお子さんでも さくらんぼの梅干なら喜んでくれますよ!


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

二月限定 抹茶あじまん

P1020313.JPG

今月の限定あじまんは 「抹茶あじまん」でした!

最初、「抹茶あじまん」と聞き ???

毎年、この「抹茶あじまん」は人気が高いのか 必ず出てくるんです

しかし、今までのネーミングが 「抹茶、白玉あじまん」でした!

白玉が好きな自分  「白玉入らないの~!」と思ったのも束の間

ポスターには、ちゃんと白玉が写っていました^^

今回はお茶の丹野園とのコラボとかで去年のものより色がずいぶんと濃いようです。

 初めて読んだ人は 「あじまん」って何?

でしょうから・・・

山形県では今川焼きのことを 「あじまん」と呼ぶんです。

二月限定あじまん.JPG


今回の「抹茶あじまん」

もう、抹茶と小豆と白玉ですから 合わないわけはありませんよね!





↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い