趣味人 はやちゃんの日記

趣味のハンドメイドルアー・そしてルアーフィッシングに始まり。バイクに車に多趣味な日常をつづっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心に残しておきたい絶景 宮城県七ヶ宿町 やまびこ吊橋~

母の四十九日がGWと重なるために少し早い法要をとり行っていました。
けれど本来は今日が四十九日なので長女一人を車に乗せ、二人で墓参りに行ってきました!
先週に訪れた時などは寒くてスーツの襟を立てたほどでしたのにGW一日目の今日、かなり暖かく天気にも恵まれました^^

娘と二人だけなので、ちょいとドライブもかねての墓参りです(笑)

今日、暖かいとはいえ、つい先日まではスーツの襟を立てたほどの寒さ・・・・・
お袋が眠る墓所では桜などはまだ蕾・・・・・・

オイラが住む山形ともかなり違います。
我が家から墓地まで徐々に標高が高くなる道のり、途中では満開の桜もあり
かと思えば葉桜になりつつある桜もありです。

4月30日 七ヶ宿町にて
4月30日 七ヶ宿町にて posted by (C)はやちゃん

桜ももう終わりかと見上げると・・・・・
まだ咲き始めたばかりの桜でした^^

途中、七ヶ宿町(宮城県)の道の駅(道の駅ではないかもしれません)に立ち寄り少し早い昼食

ここで作っている、五目おにぎりが美味しくて通りかかると必ずのように購入です(笑)
しかも一個百円です。

七ヶ宿町には観光名所の長老湖があります


七ヶ宿町 長老湖
七ヶ宿町 長老湖 posted by (C)はやちゃん

このきれいな景色と澄んだ空気!
手漕ぎのボートもあります・・・・
オイラ的には子供の頃から慣れ親しんだ湖ですが、訪ねるたびに心が洗われるようです^^

そして長老湖から遊歩道が有りまして道のりは約九百メートル
やまびこ吊橋と呼ばれる名所が有ります。
タイトルの吊橋です。

オイラのおすすめスポットで「一度は見ておきたい絶景」
そう断言しているほど今頃の景色は見事です!

この時点で、片道900メートルの看板に長女は断念(笑)
オイラ一人で「やまびこ吊橋」を目指します

この道のり、山野草の好きな方なら歩く価値ありですよ^^
遊歩道に入りすぐ目に飛び込んできたのは

2017年4月30日 長老湖にて カタクリ
2017年4月30日 長老湖にて カタクリ posted by (C)はやちゃん

カタクリの花です。
オイラが入る山でさえカタクリの花は終わりを告げましたがここでは今が盛りと咲き誇っています。
しかもかなり大きな群落を作っています。

カタクリってそう片栗粉のカタクリです。
小さな球根でしかも結構深い所にあり 片栗粉と呼ばれる澱粉は極々少量しか取れないため、市販されている片栗粉のほとんどがジャガイモ澱粉のようですけれど

山菜取りへと山に入ることも少なくなったオイラです
カタクリの花の群生に出会ったのも数十年ぶりかもしれません

カタクリのほかにもアズマイチゲ、スミレ、エンレイソウだったかな(笑)
などが所々で見受けられました
水芭蕉もありましたが、ここでは大きな葉っぱだけになっていました

H29年4月末 水芭蕉
H29年4月末 水芭蕉 posted by (C)はやちゃん

この写真は先週、同じ七ヶ宿町にて撮った水芭蕉です。

長老湖からはずうっと下り坂なので足取りも軽く「やまびこ吊橋」がみえてきました
・・・・・カップルが多いです…・(^_^;)

カメラを持ったオジサン一人…ちょいと場違いな雰囲気が(笑)
吊橋効果を狙っている・・・・とか(爆)


七ヶ宿町 やまびこ吊橋
七ヶ宿町 やまびこ吊橋 posted by (C)はやちゃん

吊橋なので、風の強い日は通行禁止のようです。
この日も結構風は強く、橋が時折揺れていました!

遠景として撮った写真が風でぶれたほどです。端から十メーターほどのところで 戻りだした女性もいました(笑)
(吊橋効果を狙うには最適かもしれないけれど・・・)

そしてオイラが奨める絶景が・・・・


やまびこ吊橋~
やまびこ吊橋~ posted by (C)はやちゃん

吊橋の中心付近から見られます

反対方向も渓流を俯瞰する景色になります。
結構高いので高所恐怖症の方は厳しいかも・・・・
揺れるし(笑)

反対側からは車でも来れるけれど、遊歩道を歩く価値はありますよ^^

山形へと帰路に就いたオイラを

4月30日 七ヶ宿町にて
4月30日 七ヶ宿町にて posted by (C)はやちゃん

あと数キロで山形県と言うところで桜吹雪が出迎えてくれました^^


スポンサーサイト

我が家の宝物・・・になっていたはず・・

先日、情熱大陸に オノ・ヨーコさんが出ていました!
ちょっと時間が合わなくて娘に録画を頼み後日時間の空いているときに見ました!

オノ・ヨーコさん素敵ですよね~!!
ビートルズ・・・その中でもジョン・レノンの大ファンだった自分です。
当時はジョン・レノンの奥さんが日本人だと言う事だけでオノ・ヨーコさんにはそんなに興味が有るわけでもありませんでした!
それがあの忌まわしい事件以降ですかねオノ・ヨーコさんをジョン・レノンが愛したわけだと理解できたのは!!

あの事件・・・・
あの時の事は今でも覚えています!
当時修理工場に勤めていました!
そこでは一日中ラジオを聴きながら仕事をしていてそのニュースは、速報と言う形で流されました
その瞬間から暫くはそのことで頭がいっぱいだった事を記憶しています
当時の天気までも記憶していて当時の自分にとってジョン・レノンがどれだけ大きな存在だったかを今でも思いだすことが有ります!

テレビの中には既に78歳となるオノ・ヨーコさんが映っています
年齢を感じさせない若々しい姿にビックリさせられるとともに何よりも考え方が凄いです!
今となってはジョン・レノンがオノ・ヨーコに影響されたのかオノ・ヨーコがジョン・レノンに影響されたのか本人のみぞ知るですが・・・・

「ビートルズが解散したのはジョン・レノンがオノ・ヨーコと暮らすようになったから」
そんな事を言う人もいるようですが・・
オノ・ヨーコさんが天に召される時は・・・
若い姿のままのジョン・レノンが迎えに来るのだろうな~
と、そう思わせてくれます

Twitterでも14万件以上のフォロワーがいるなど多才な方です^^
何気に自分もフォローしてもらっています^^

そのオノ・ヨーコさんが着ていた着物が我が家に有るんですよ!!

それは、自分にとっては物凄いお宝・・・
自分どころか世界中に欲しがる人がいると思います!

何故それが有るかと言うと

自分の叔母がオノ・ヨーコさんとお付き合いがあったそうです
(後でこの話を聞いた時には、本当にあのオノ・ヨーコさんかを疑って聞き返しました
この話を教えてくれた母は、オノ・ヨーコさんがどんなに凄い人かを知りませんしビートルズも名前を知っているだけです(笑))
そしてその叔母が着物を一着頂いたそうです!
そしてオノ・ヨーコさんがどんな人かも知らない若かりし頃の自分の母が
「この着物良いわね~!
義姉さん頂戴^^」

自分の母なのでこんな感じで貰っちゃったんでしょうね~(笑)

そしてオノ・ヨーコさんが着ていた着物が自分の母の手に・・・・

ここまでは良かったんですよ!!
実は母の両親たち・・・
まあ自分の爺さん婆さんですが、仕立て屋を営んでいました!

自分が小さい頃はいつも 婆さんのミシンをかける音が家の中に響いていました^^

ミシンのカタカタカタ・・・・・

あの音を聞くと今でも心が落ち着きます^^
そんな環境で育った母ですから着物を見る目は有ったようです!
それが災いの元でした・・・・・
 (ーー;)

実は自分が小学校入学の時にその着物を着ようとしたが、当時の流行とはすでに違っていたと・・・
当時は生地も分かるし着物業界に明るい祖母も存命

それで・・・その着物を染め替えちゃったそうです・・・・

 (ーー;)

叔母から譲り受けたそのままの着物であったならと思うと・・・・・
 


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

Gremz ⇒ 酸性雨

あの時の岩魚!! 40年経って思う!!

つい先日にアメマスがヒット!^^
「自分にヒットするべくしてヒットしたアメマスだったのかな?」
そんな事が頭をよぎります・・・・

数週間前のことです!
釣り場に来ていた親子がいました!
その小さな男の子が自分の息子の小さい時とかぶり、可愛くてその男の子に声をかけました^^

それがなんと ビックリ

 (@_@;)

その男の子のお父さんが、自分のブログにコメントをくれる「りゅうちゃんさん」と後で分かりました!

りゅうちゃんさんと話をしていて ちょっと気になった話が有りました!
それは
「ここでアメマスを釣った友人がいる」

確かに40センチを軽く超える大岩魚はいます!
自分も岩魚は何度かヒットさせていますが、アメマスを釣った事はありませんし まだ見たこともありませんでした!

なので
「岩魚ではないか?」
と問うも
「アメマスだった」と・・・・


ヤマメがランドロックのサクラマスとして成長する事は知っていますし
ランドロックのサクラマスを求めて釣行に出かけたことも何度も有ります

山形県内である「サクラマスの川 赤川」よりも宮城県七が宿町の七が宿ダムが我が家から近くランドロックのサクラマスが生息している事を知り最近は赤川よりも多いです!かね!

ランドロック(陸封)のサクラマスとは
渓流に生息するヤマメが 海にくだり成長
そして産卵の為に生まれ育った川に戻ってきます
海にて大きく育った サクラマスとして川に戻ってくるのが降海型のサクラマスです

一方、ランドロック(陸封)型のサクラマスとは 下流にダムが出来たり 
自然災害で湖が出来たりで海に下れなくなったヤマメが その湖やダムを海に見立て 大きく育ちサクラマスへと変貌します。

まあサクラマスが大好きな自分です
そのぐらいの事は知っていましたが岩魚の降海型であるアメマスもランドロックのアメマスがいると言う事を知りませんでした!

なので自分がよくお邪魔するブログの釣るベーさんが トラウトには詳しいのでお尋ねしました!

釣るベーさんのブログは

↓ ↓

「TsurubheWebLog」


すると、
「元々アメマスがいる川ならランドロックのアメマスはいる」

そう言う回答をもらいました!

その回答が 自分が忘れてた40年以上も前の有る疑問の回答だったんです^^

自分が育った山間の小さな部落
そこは小学校からも泳ぐ事を許可されていた小学生が泳いでもそんなに危ない事はない綺麗な清流と言うより渓流ですね^^
農業用に水を引くための渓流をせき止めたちょっとだけ広い泳げるような川がありました!

今にして思えば、川で泳ぐのは男の子だけでしたね!
女の子は学校のプールに行っていたんでしょうね!

男の子だけなので当然のようにずいぶん危ない事も悪い事もしました(笑)
その川には渓流に棲む魚たちもたくさんいますので、川に行く時は水泳パンツだけではなく 水中メガネとヤス(魚を突くモリの小さい物とでも表現すればいいのかな?)

それは必需品で 泳ぎに行くのか魚を獲りに行くのか分からないぐらいでした(笑)
当時小学校低学年の自分は大きな魚 岩魚や虹鱒といった魚にはほとんど縁がなく
小さなカジカとかアブラハヤが遊び相手でした^^

しかし上級生たちは 大きな岩魚や虹鱒を獲ってくるのです
その頃の自分は虹鱒は見たことが有っても 岩魚を見たことが有りませんでした!

そしてあるとき上級生の一人が見た事のない魚を柳の枝に刺して持ってきたんです!
興味津々にその魚の名前を聞くと

「岩魚だ!」と・・・・

その時に始めてみた岩魚!!!
自分が岩魚を一人で獲れる様になるまでにそれほどの時間はかからなかったと思います

けれど、始めてみた岩魚と、自分が獲ってくる岩魚
初めて見た岩魚と模様が違うんですよ!

初めて見た岩魚は 体の白い斑点が真ん丸だったのを覚えているのですが・・・
自分が獲る岩魚は斑点が真ん丸ではない・・・???

子供心に不思議だったんですよね~!

それから数年・・・・十年ほどですかね^^
いろいろな所へ釣り歩くようになっていた自分は普通にアメマスを釣るようになっていたのですが、そのときの岩魚の事など忘れていました!

そして 釣るベーさんに

「元々アメマスがいる川ならランドロックのアメマスはいる」

と回答をもらった時に、忘れていた小さな子供の頃の納得いかなかった記憶が急によみがえりました

「あの時の岩魚・・・・アメマスだったんだ!!」


「フラッシュミノーにて アメマス」

アメマス.JPG

フラッシュミノー110 とルアーがでかいので小さく見えますが 体長37センチ有ります^^


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

Gremz ⇒ 地球温暖化

ご飯が~!!

以前に 「ドライカレー」の思い出の記事を書いた時に、「ドリアの思い出」の事も少し書きました。
しかし「ドリア」の記事を忘れた訳ではなかったのですが、釣りの記事が追いつかず・・・・

「山形県での企業節電」も終わり平日に釣りにいけることが稀になるので 追々と釣りの記事も追いつくと思うのでここで一息(笑)
以前にアップすると言っていた「ドリア」での懐かしい思い出でもどうぞ(笑)
実はこの数日間の間に凄いやつをかけていますが後のお楽しみ・・・
好きな人にはですけどね・・・(笑)

以前に書いた「ドライカレー」の記事は

↓  ↓

「本当にドライカレーですか?」


今では「ドリア」を知らない方はほとんどいないと思います!
しかし当時・・・・自分が二十歳に成るかそこらの時です

前述の「ドライカレー」同様に「ドリア」と言う食べ物をまだ知りませんでした

場所は山形県山形市! 一時期だけバイク熱が冷め 当時の「愛車サバンナRX-3」で走り回っていた頃です!
その日は友達二人と出かけ
何をしての帰りだったのかは記憶にないのですが

お腹が空き

「グラタン、食べに行こうか!」
そんな話になったことは覚えています!

実はグラタンもその頃に出回り始めたばかりでこの時までに数えるほどしか食べた事がなかったと思います!
今のように何処の家庭でも普通に食べたり作ったりと出来るほど 「グラタン」ですらも一般的な食べ物ではなかったんです!

そして山形市内に有るレストラン たしか不○家 だったと思うのですが・・・・
イマイチ定かではありません

そして、お店に着き暫くお店の外のガラスケースを見つめて
誰が言うともなしに
「グラタンだけでは足りないので、カレーライスも頼もうかな!!」と・・・

自分と友人の一人は「グラタン」と「カレーライス」そして「コーヒー」です
しかし、もう一人の友人は決めかねていました!
グラタンと言っても「○○グラタン」とか当然ありますよね!!

しかしその友人が決めかねていたのは「グラタン」にするか「ドリア」にするかだったようです!
ただし、前述したように「ドリア」がどういった食べ物かを三人とも知りません!

見た目は「グラタン」・・・当然です(笑)

けれど、食べた事のない「ドリア」
彼は決めかねていました!

しかし知らない物見たさの好奇心に叶わず 彼はドリアを選んだのです!

・・・・・悲劇の始まりでした・・・・・

彼も自分達と同じく「カレーライスとコーヒー」も一緒に注文しました!

若かった頃ですから 備え付けのストローのケースからストローを取り出し
ストローの袋の片側を破り 
袋に入ったままの、ちょっとだけ出ているストローに口を付け

友人をめがけて息を「ピュ~~~~」

ストローの袋が勢いよく飛び出します!!
そんな事をしながらバカ話しをしていたら、最初に届いたのは「コーヒー」・・・!

一人の友人が
「そう言えば、注文取りに来たときに飲み物が先か後か 聞かなかったよな~!」
「だよな!普通は聞かなかった時って後から飲み物じゃね~?」

そんな事を言っていた記憶が有り、飲み物が「コーヒー」だったのも記憶していました!
しかし、この時はなんか待たされたんですよ
次の料理が出てきたときには、「コーヒーはすっかり飲み終えていました!

そして次に来たのが「カレーライス」

今なら、カレーライスが先に出てくることぐらい予想がつきますよ!(笑)
しかし、当時はそんな事も知らない若い時です!!

「グラタンが食いたかったのに カレーが先かよ~」
そんな事を言いながら「カレーライス」を食べ始めました!
しかしこのカレーライス・・・・・
量が多い・・・・・!!

食べ終えた頃には、お腹がいっぱい

 (ーー;)

「グラタンぐらいなら何とか入るんじゃね!」
その時は、笑いながら話していました!
やっと最後にお目当ての「グラタン」の登場です!

しかし、この「グラタン」も量が多い

そんなにお金も持っていなかった若い頃です
注文した料理を残すなんて、お金がもったいない!
意地になって食べましたよ(笑)

しかしその間も静かに待っていた友人が一人!
そう!「ドリア」を頼んだ彼です

「カレーライス」までは一緒に届いたのですが 「グラタン」が届いた時に「ドリア」は一緒ではありませんでした!
そして、自分たちが
「量が多くてお腹が~」
などと言っているのを隣で聞きながら
「俺も、かなりお腹が苦しくて ドリア全部食べられるかな~?」
ちょいと不安げながらも、もったいなさから全部食べる事が前提です(笑)

自分たち二人が食べ終わった頃に、やっと「ドリア」がやってきました!
やっと来た「ドリア」にお腹がいっぱいでため息をつきながら










スプーンをひとさじ・・・・・











「あ~~~~~あ ご飯がある~~~~!!」

   \(◎o◎)/!




↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

Gremz ⇒ カーボンオフセット

本当にドライカレーですか?

自分がよく訪問するmanaさんのブログで有る事を思い出しました!

manaさんのブログは



** M☆M House’s Kitchen **



manaさんのブログにはmanaさんの作った美味しそうな「ドライカレー」の写真が有りました・・・・

そして、その時に昔の思い出がよみがえりました・・・・

場所は東京・・・けれど、何処だったのかは思い出せずに
その時の思い出だけがよみがえります

もう30年ちょっとは経ったでしょうか・・・・

今でこそ誰もが知っている「ドライカレー」
けれど当時はまだ知っている人も少なかったんです

自分もその一人でした
有るレストランのメニューの一覧に当時はまだ余り知られていない「ドライカレー」がありました

自分は気にも留めなかったのですが、一緒にいた先輩が「ドライカレー」を注文

しかし、この先輩も「ドライカレー」がどんな食べ物なのかを、まだ知りませんでした

この先輩「ドライカレー」のネーミングから「冷たいカレー」を想像していたと後から聞きました

そして注文の「ドライカレー」がきました
皆さんのよく知る、普通の「ドライカレー」です。

しかしこの先輩
ウェーターが持ってきた「ドライカレー」が想像していた「ドライカレー」と余りに違います

そこで・・・・

「これ・・・・

本当に「ドライカレー」ですか ???

(ーー;)



聞かれたウェーターは














「・・・・・・・・??


ちょっと・・・・

聞いてきまっす・・・・」

(@_@;)



ドライカレーがまだそんなに普及していない頃の話でした
この時に自分も始めて「ドライカレー」を知ったんです^^

ちなみに「ドリア」についての面白い話も有るのでそれはまたの機会に

(^。^)



↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
Gremz ⇒ 酸性雨

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。