fc2ブログ

趣味人 はやちゃんの日記

趣味のハンドメイドルアー・そしてルアーフィッシングに始まり。バイクに車に多趣味な日常をつづっています。

野葡萄 (ノブドウ)

秋の、この時季に野山を歩くと一際目立つ植物があります!


野葡萄」(ノブドウ)

野葡萄
野葡萄 posted by (C)はやちゃん


実の色がカラフルで離れて見ると綺麗なのですが・・・・
デジイチを向けレンズ越しに見ると、なかなか綺麗な実がないんです!

野葡萄(ノブドウ)、地方によっては蛇葡萄(ジャホトウ)とも呼ばれるようで 蛇の字が使われているように普通は食べません!
毒では有りませんがかなり不味いらしいです(笑)

これが、オイラの育った山形の山間部では 「ドスブンド」と呼ばれていました!
「ブンド」は土地の方言で「ブドウ」のことなのですが、「ドス」は 毒 が訛ったものなのか はたまた「ブス」からくる 醜いと言う意味なのか・・・・?
オイラにもわかりません??

ただ、子供心に 「ドスブンド」と呼ばれるこの実が食べてはいけない物!
そう思わせてくれるのに、十分なネーミングでした(笑)

野葡萄と山葡萄、名前が似ていますが山葡萄とは全然違うものです!
ちなみに方言で山葡萄は「山ブンド」でした!!

ところが、この「ドスブンド」 この時季になると土地の老婆たちがカラフルに熟した実を摘み始めます!
それを一升瓶などに詰め焼酎漬けにするのです。

・・・・子供心には「毒なのに何で摘むんだろう??」
凄い不思議な光景でした!

まあ、自分が毒と思っていただけで毒ではないのですが・・・・それどころか漢方薬です!!
解毒作用があると漢方書には載っているようで、近年では 植物で唯一、脂肪肝 への効能が認められたとか注目されているようです!

ところがこの野葡萄、食べても不味いだけで毒ではないのですが 野葡萄の実に卵を産み付ける昆虫が数種類程いるようです。
肝臓に効くからと安易に口にするのは止めたほうがよいと思いますけどね(笑)

前述した野葡萄酒は簡単に作れるので試してみたい方は野葡萄酒の方をお勧めします^^


野葡萄 2
野葡萄 2 posted by (C)はやちゃん


この季節の野山にカラフルな彩を見せる野葡萄です。
そしてかなり昔から、体によいとされる効能が分かっていたようで以前から野葡萄酒は民間療法として伝わってきました!

オイラが住んでいた土地では 蜂に刺されたら野葡萄酒をすり込み 
「蜂に刺されたのにはこれが一番」と塗ってくれたものでした!!

それも、昔からの知恵で毒消しの効果がある事を知っていたのでしょうかね!

十数年前にお袋が、この野葡萄酒を作りたいので山に連れて行ってと頼まれ連れて行ったことがあります!
その頃は野葡萄酒を作る方が多かったのか、それほど摘む事ができなかったのですが・・・・

最近は野葡萄を摘む方も減ったのでしょうね、散歩に出かけるとこの野葡萄があちらこちらで草むらに彩りをつけています!



グリムス ⇒ 砂漠化

スポンサーサイト