FC2ブログ

趣味人 はやちゃんの日記

趣味のハンドメイドルアー・そしてルアーフィッシングに始まり。バイクに車に多趣味な日常をつづっています。

青い目の人形

明日が終戦記念日と言う事も有り
こんなニュースが山形県内ニュースで流れました!

山形県内に残っている「青い目の人形」の話です
「青い目の人形」とは
アメリカ人のシドニー・ギューリックと言うかたが
「日本の雛祭りに人形を送ろう」
その呼びかけによって全米から集められたもので、一体ごとに衣装や体形など人形のデザインが異なっていたそうです

「青い目の人形」と言えば思い出すのは童謡

童謡「青い眼の人形」


野口雨情 作詞
本居長世 作曲

青い眼をしたお人形は
アメリカ生まれのセルロイド

日本の港へついたとき
いっぱいなみだをうかべてた
わたしは言葉がわからない
迷子になったらなんとしょう

やさしい日本の嬢(じょう)ちゃんよ
なかよくあそんでやっとくれ
なかよくあそんでやっとくれ


なんでしょうけれど・・・・
実はアメリカから贈られた 青い目の人形とは関係が無いようです!
この歌は大正時代に作られたのですが

「青い目の人形」が贈られたのが昭和2年のようです!!

アメリカから贈られる時には「友情の人形」と名づけられたようなのですが
日本についたときに すでに「青い眼の人形」の歌が好評だった事から 「青い目の人形」と呼ばれるようになったらしいです。

当時、日本に贈られた「青い目の人形」は12700体程と言われ日本全国の小学校や幼稚園に配られとても歓迎されたそうです!!

しかし現存する「青い目の人形」は320体ほど・・・・

そう戦争があったことにより敵国アメリカの人形と 多くの「青い目の人形」が焼却されたそうです・・・
ところが、戦争と人形は関係ないと「青い目の人形」を隠した教師が全国に居られたようで
当時の日本では大変に勇気のいる行動っだったと思われます!!

その残った300体の人形のうちの何体かがが山形にも残っております

そんな「青い目の人形」の事を紙芝居にして伝えておられる方がいるようです
興味の有る方は↓のサイトに飛んでみてください^^
山形弁で伝えられているようなので、読み辛いかもしれないですけど・・・
 (^_^;)
 

山形の昔話 (青い目の人形)


ちょっと涙腺がウルウルしてくるような良い話ですよ^^




グリムス ⇒ 砂漠化

スポンサーサイト